山本美月“最恐”ホラー作主演に「ラッキー」 “貞子vs伽椰子”敗者は都内でゴミ拾い

2016.5.23 20:10配信
「もともとホラーが好きだった」と語った山本美月

 映画『貞子vs伽椰子』の完成記念イベントが23日、東京都内で行われ、出演者の山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美と白石晃士監督、貞子、伽椰子、俊雄、スペシャルゲストのデーモン閣下が出席した。

 本作は、日本ホラー史上最恐の怨霊である『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子が同じ世界観のもとで接近遭遇し、まさかの対決へとなだれ込む極限の恐怖を描く。

 主演の山本は「もともとホラーが好きな方だったのでうれしくて。『リング』と『呪怨』の両方に出られる人ってなかなかいないしラッキーだと思いました」と笑顔で出演の喜びを語った。

 一方、恐がりでホラー映画をあまり見たことがないという玉城は「『貞子vs伽椰子』ってどういうことだろうって興味の方が勝ちました」と明かした。

 登場人物の“叫び”も重要となり、玉城が「普段の生活であまり大きな声を出すことがないので、とにかく叫びを勉強しました。意外と叫べました」と語ると、山本も「驚く時の叫び声、過呼吸のような息遣いが続いている状態なので、すごく体力が必要でした。大変だったしおなかがすいた」と撮影を振り返った。

 また、オファーから20日で完成させたという主題歌「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」を手掛けた聖飢魔IIのデーモン閣下もスペシャルゲストとして登場し、「わがはいはすでに試写会でこの映画を見た。ずっとわくわくが続き、最後の最後にへーと思っていると自分の歌が流れてくる。面白かった。見に行かないやつは呪われる」とアピールした。

 また、二人のうちどちらが勝つかを投票する「総選恐」キャンペーンの投票数は、22日午後5時時点で貞子がリードしており、この日の会場でも貞子がより多くの票を集めた。勝者は公開初日の舞台あいさつへの登壇、敗者には都内某所でのゴミ拾いの罰ゲームが発表され、うろたえる二人と俊雄の様子に会場は笑いに包まれた。

 映画は6月18日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング