有村架純「原作を読んで涙が出た」 ベテラン俳優との共演も「過ごしやすい現場だった」

2016.5.23 21:00配信
ヒロインの夏美を演じた有村架純

 映画『夏美のホタル』の完成披露試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の有村架純、工藤阿須加、小林薫、光石研、吉行和子、廣木隆一監督ほかが登壇した。

 本作は、人生に不安を抱え、父との思い出のある森に向かった夏美(有村)が、そこで出会った人々との交流を通して成長する、ひと夏の出来事を描く。

 有村は「原作は3年前に読ませていただいたんですけど、台本を読んだ時も同じような気持ちになって。親子の絆や人と人のつながりがすごく心に刺さって、涙が出ました」とコメントした。

 撮影現場の雰囲気については「先輩方に囲まれて緊張もしていましたが、廣木監督が作る空気も皆さんが作る空気も愛情があるもので包まれていた感じだったので、すごく過ごしやすかったです」とにこやかに振り返った。

 また、この日は登壇者の入場時に、会場の明かりを消して、観客がホタルをイメージしたペンライトを灯し、劇中の印象的なシーンを再現するサプライズな演出があった。

 心温まる歓迎に有村は「ありがとうございます」と大喜びで、最後は「この作品はこういう作品ですと説明するよりも、皆さんがそれぞれ受けとって感じていただけたら一番いいのではないかと思います。作品を見た後の余韻に浸って帰っていただけたらと思います」とメッセージを送ってイベントを締めくくった。

 映画は6月11日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング