2019年9月27日(金)にカタール・ドーハのハリーファ国際スタジアムで開幕する「第17回世界陸上競技選手権大会」に向けて、22日に第一陣となる日本選手団が出発しました。

この日は、大会初日の男子100mに出場する桐生祥秀選手(日本生命)、小池祐貴選手(住友電工)ら男子16名、女子12名が日本を出国しカタールへ。残りの選手もこのあと順次出発となります。




27日の大会初日は、男子100m予選に日本記録保持者のサニブラウン アブデルハキーム選手(フロリダ大学)、桐生選手、小池選手と3人の9秒台の日本人選手が出場し、開幕早々注目が集まります。

また、この日は、世界選手権初の真夜中のマラソンレースとなる女子マラソンに谷本観月選手(天満屋)、池満綾乃選手(鹿児島銀行)、中野円花選手(ノーリツ)、男子走幅跳予選に日本記録を塗り替えたばかりの城山正太郎選手(ゼンリン)、橋岡優輝選手(日本大学)、そして大学生8mジャンパー津波響樹選手(東洋大学)、女子3000mSC予選に吉村玲美選手(大東文化大学)、400mH予選に安部孝駿選手(ヤマダ電機)、豊田将樹選手(法政大学)が出場予定です。

ドーハ世界選手権は9月27日(金)から10月6日(日)まで10日間開催。日本からは男子40名、女子19名が出場予定。

応援よろしくお願いします。


第17回世界陸上競技選手権大会
開催日:2019年9月27日(金)~10月6日(日)
会場:カタール・ドーハ
大会ページ:https://jaaf.or.jp/competition/detail/1367/
日本陸連公式サイト:https://jaaf.or.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ハピママ*」更新情報が受け取れます