ソニーモバイル、LTE対応スマートフォン「Xperia GX」「Xperia SX」発表

2012.5.9 15:55配信
左から、Xperia GX(ホワイト)、Xperia SX(ブラック)

ソニーモバイルコミュニケーションズ(ソニーモバイル)は、英国時間の5月9日、高速通信規格「LTE」に対応したソニーブランドのスマートフォン「Xperia GX」「Xperia SX」を日本市場向けに発表した。2012年夏以降に投入する予定。

2機種とも、日本国内のXperiaシリーズとしては初めてLTEに対応し、下り最大75Mbpsの高速データ通信を提供する。また、最新のAndroid 4.0、1.5GHzのデュアルコアプロセッサ、ソニー製裏面照射型CMOSセンサ「Exmor R for mobile」を採用したカメラを搭載するほか、テレビ専用のユーザーインターフェース「TV launcher」など、充実したエンタテインメント機能を備える。

「Xperia GX」は、「Xperia arc」で好評だったアーク形状を採用し、「Xperia acro HD」よりも大きい約4.6インチの高精細HD液晶ディスプレイ「Reality Display」を搭載しながら、最薄部約8.6mのスリムなボディラインとマットな質感で、手に吸い付くような触り心地と持ちやすさを実現した。内蔵メモリは16GB。おサイフケータイに対応する。カラーはホワイトとブラックの2色。

「Xperia SX」は、約3.7インチの「Reality Display」を搭載し、LTE対応スマートフォンとしては世界最軽量(2012年5月7日時点)となる重さ約95g、厚さ約9.4mmの軽量・スリムボディを実現。ボディ全体を縦と横のクロスラインで四つのブロックに分け、シンプルなデザインに仕上げた。内蔵メモリは8GB。日本の従来の携帯電話では定番の赤外線通信、おサイフケータイ、ワンセグに対応する。カラーはブラックとホワイトの2色。

新しいXperiaシリーズ2機種は、ソニーの技術やサービスと連携した新しい音楽・アルバム・映像アプリを搭載。音楽アプリ「WALKMANアプリケーション」は、クリアオーディオテクノロジーやバーチャルサラウンド技術などの高音質技術や、Facebookの友人が勧める楽曲一覧を自動で生成する機能などを搭載。新しい「Albumアプリケーション」は、写真や動画の月別表示や地図上での撮影場所の表示、Facebookなどオンラインアルバムとの連携などに対応する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング