勝負デート必携! 彼をその気にさせる【攻め】の〇〇テクニック

2016.5.27 6:30

仲は良いんだけど、私のことどう思ってるんだろう?「気になる彼の気持ち、今日こそははっきりさせたい!」そんな勝負デート前に読んでもらたい【攻めのデート会話テクニック】です。

40cda189195fcdf3dd13c11f312c10f5_s

「あともう一歩のところで、気になる彼と進展しそうなんだけどなあ。今日こそは、そろそろはっきりさせたい!」と決意を抱く日が、女性にだってありますよね。そんな勝ちに行く日に読んでもらたい【攻めのデート会話テクニック】です。

下手なボディタッチで瞬間的に彼をその気にさせるよりも、上手な会話テクニックで、彼のこころを長~くがっちりつかみましょう。

STEP1.彼の喜ぶツボを徹底的に刺激する

男性は基本的に自分の好きなものに対しての追究やこだわりが強いもの。そして、それに対して同じく興味を持ってくれる人に対しては、「俺の世界を分かる人」として絶対の信頼を置くようになります。

だから例え、彼の世界観が良く分からなくても、ひとまず「それってなに?」「すごいね」と『教えてちゃん』になるだけで十分です。

そして、彼の教えたがりのツボを見つけることが出来たら、徹底的に刺激します。「その話をしてる時、すごく目がキラキラしてるね!」「そんなこと初めて知ったよ!」「今度私もやってみたい!」と言っているうちに、どんどん彼のビックマウスが加速するはずです。

人は、誰かにモノを教える時には分かりやすく伝えるために、自分の実体験に置き換えて話しをします。だから、彼はいつの間にか自分について語り始める「自己開示」状態に入るのです。

STEP2.いい女になる秘訣は“同感”より“納得”

自己開示が始まり自分の世界に入り始めると、過去の苦労話や本当の自分の気持ちを真面目に語り始めます。そしてそれに対して、あなたは真面目に黙ってうなずくだけでOKです。下手なヨイショや感想を挟む必要はありません。

むしろ今は、他人のジャッジを受け付けない心理状態なので、しっかりと目を見るだけで話の邪魔をしません。

そして十分に話しを聞き終わった後、彼の話をきちんと理解しましたという事を伝えるために、「私の話なんか少しズレてるかもしれないけど」という前置きで、自分の実体験も伝えるのです。

その時のポイントは、「私も前からそう思ってたの」という同感を示す表現ではなく、「言われて“今”気付いた」という納得を示す表現にすること。それこそが彼を最上級に褒めることに繋がるのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント