NEC、第3世代Core iシリーズ搭載のハイスペックモデルなど、ノートPC「LaVie」4シリーズを発売

2012.5.9 17:19配信
第3世代インテルCore i7-3610QMを採用した「LaVie L LL750/HS」

NECパーソナルコンピュータは、5月8日、ノートPC「LaVie」の夏モデルとして、ハイスペックノートPC「LaVie L」、スリムノート「LaVie S」、コンパクトノート「LaVie E」、モバイルノート「LaVie M」を5月10日から順次発売すると発表した。

●第3世代Core i7搭載のプレミアムノートPC「LaVie L」

「LaVie L」は、CPUに第3世代 インテル Core i7-3610QMを採用したハイスペックモデル。従来モデルから5.5mmの薄型化を実現し、最薄部33.2mmのスリムボディを採用した。

15.6型ワイドのフルフラットパネルを採用し、ディスプレイを開くと約2秒でスリープや休止状態、シャットダウンから復帰する「パネルオープンパワーオン」を備える。

BDXL対応のブルーレイディスク(BD)ドライブ、ヤマハ製ステレオスピーカーを備え、BDソフトを高音質で楽しめる。また、マウスレシーバを内蔵し、USBポートをふさがずにすっきりマウスを使える。メモリは8GBで、HDDは1TB。サイズは幅382×奥行き270×高さ33.2mm、重さは約3.1kg。

ラインアップは、地上デジタル/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載し、「ひかりTV」に対応する「LL770/HS」と、テレビチューナー非搭載の「LL750/HS」の2機種。テレビチューナー搭載の「LL770/HS」は、TVソリューション「SmartVision」を、テレビチューナー非搭載の「LL750/HS」は、「SmartVision」搭載PCが受信したテレビ番組をホームネットワーク経由で視聴できる「SmartVision/PLAYER」をプリインストールする。

発売日と実勢価格は、「LL770/HS」が5月18日発売で、21万円前後、「LL750/HS」が5月10日発売で18万5000円前後の見込み。

●最長9時間駆動する長時間バッテリを搭載するスリムノート「LaVie S」

15.6型ワイド液晶を採用する「LaVie S」は、最薄部約29.5mmのスリムノートPC。従来比約3倍の長時間バッテリを搭載し、電力消費の多い昼間はAC駆動からバッテリ駆動に自動で切り替える「ピークシフト」を備える。HDD容量は全機種750GB。サイズは幅379×奥行き258×高さ29.5~31.1mm。

ラインアップは、最上位機種「LS550/HS」、上位機種「LS350/HS」、テレビチューナー搭載の「LS170/HS」、DVDドライブ搭載の「LS150/HS」の4機種。テレビチューナー搭載の「LS170/HS」は「SmartVision」を、テレビチューナー非搭載の「LS550/HS」「LS350/HS」「LS150/HS」は、「SmartVision/PLAYER」をプリインストールする。

「LS550/HS」は、第3世代 インテル Core i5 プロセッサを搭載する予定。8GBのメモリとBDXL対応BDドライブ、約8.1時間駆動するバッテリを備える。重さは約2.7kg。発売時期は未定で、実勢価格は16万5000円前後の見込み。

「LS350/HS」は、第2世代 インテル Core i3-2370M、4GBのメモリ、BDXL対応BDドライブ、約9.0時間駆動するバッテリを備える。重さは約2.6kg。発売日は5月18日で、実勢価格は14万5000円前後の見込み。

「LS170/HS」と「LS150/HS」は、インテル Pentium B970、4GBのメモリを搭載する。発売時期は5月18日。「LS170/HS」は、3波対応のテレビチューナーとBDドライブを備える。バッテリ駆動時間は約8時間。重さは約2.6kg。実勢価格は14万5000円前後の見込み。「LS150/HS」は、テレビチューナー非搭載で、DVDスーパーマルチドライブを備える。バッテリ駆動時間は約3時間で、重さは約2.4kg。実勢価格は11万5000円前後の見込み。

●デザインと使いやすさが魅力のコンパクトノート「LaVie E」

「LaVie E」は、ツヤのあるホワイト仕上げのスタイリッシュなコンパクトノートPC。インテル Celeron B815を採用し、14型ワイド液晶ディスプレイ、4GBのメモリ、約640GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを備える。「SmartVision/PLAYER」は非搭載。サイズは幅342×奥行き245.1×高さ35.4mm、重さは約2.1kg。

発売時期は5月10日で、実勢価格はMicrosoft Office Home and Business 2010をプリインストールした「LE150/H2」が9万円前後、Microsoft Office Personal 2010をプリインストールした「LE150/H1」が8万7000円前後の見込み。

●光学ドライブ搭載のモバイルノート「LaVie M」

「LaVie M」は、13.3型ワイド液晶のコンパクトモバイルPC。ボディの天面は、スリ傷がつきにくいスクラッチリペアで仕上げた。コンパクトモデルながら、使いやすいテンキーつきのアイソレーションキーボードを搭載。隣のキーとの間隔が広いのでタイプミスが起きにくく、ゴミやホコリがたまっても掃除しやすい。750GBのHDDを備える。サイズは幅330×奥行き223×高さ31.5mm。発売日は5月10日。

上位モデルの「LM750/HS」は、第2世代 インテル Core i7-2637M 超低電圧版を採用。8GBメモリ、BDドライブを備え、バッテリ駆動時間は約12.8時間。重さは約1.9kg。「SmartVision/PLAYER」をプリインストールする。実勢価格は16万円前後の見込み。

「LM550/HS」は、第2世代 インテル Core i3-2367M 超低電圧版を採用し、4GBのメモリ、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。バッテリ駆動時間は約13.2時間で、重さは約1.9kg。実勢価格は13万5000円前後の見込み。

発表会の最後には、高塚栄社長がウルトラブックについて「あっと驚かせるような製品を出したいと思い、現在開発を進めている。適切な時期にご案内したい」とコメント。この夏モデルではウルトラブックを発売しないことを説明した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング