ヤマハ、Dolby Atmos/DTS:X/ハイレゾ/4Kに対応したネットワークAVレシーバー

2016.5.25 15:5配信
RX-V581

ヤマハは、無線LANとBluetoothを搭載したネットワークAVレシーバーの新製品として、Dolby Atmos、DTS:X、ハイレゾ再生、4K映像に対応した7.1chの「RX-V581」と、ハイレゾ再生、4K映像に対応した5.1chの「RX-V481」を6月上旬に発売する。

「RX-V581」は、最新の3次元サラウンドフォーマットであるDolby AtmosとDTS:Xに対応したサラウンドデコーダーを搭載した7.1chモデル。5.1.2chスピーカー構成に対応し、プレゼンススピーカーはフロントスピーカー上方壁に設置する「フロントハイト」、天井に設置する「オーバーヘッド」、Dolby Atmos専用の「ドルビーイネーブルドスピーカー」の3パターンから選べる。また、DTS:X再生時は「DTSダイアログコントロール」によるセリフ音量の単独調整にも対応する。税別価格は7万2000円。

「RX-V481」は、Dolby Atmos/DTS:X非対応の5.1chモデル。税別価格は6万1000円。

2機種とも、フルディスクリート構成のパワーアンプ、ルビコンとの共同開発したオリジナルのPMLコンデンサー、バーブラウンの192kHz/24ビットD/Aコンバーターなどを採用し、あらゆるコンテンツを忠実に再現する音質重視の設計。上位機種「AVENTAGEシリーズ」と共通の高性能DSPデバイスを採用した、独自の音場創生技術「シネマDSP」によって、豊かな臨場感と高音質で再現する。

本体には、著作権保護技術HDCP2.2、Ultra HD Blu-ray規格に規定されたHDR映像伝送、BT.2020映像伝送、4K/60p(YCbCr 4:4:4)映像信号の伝送(パススルー)に対応したHDMI端子(入力4基、出力1基)を備え、テレビとHDMIケーブル1本で接続できるオーディオリターンチャンネル(ARC)や、主要メーカー製テレビ/レコーダーとのリンク機能にも対応する。

ネットワークオーディオ関連では、DSD5.6MHz、AIFF/WAV/FLAC 192kHz/24bit、Apple Lossless 96kHz/24bit再生に対応するほか、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetoothを搭載。無線LAN環境のない場所でのスマートフォン/タブレット端末上の音楽コンテンツをワイヤレスで再生できる「Wireless Direct」備えるほか、Bluetoothでは高音質コーデックのAACフォーマットにも対応する。

また、スマートフォンやタブレット端末で基本操作や設定が行えるAVレシーバー用アプリ「AV CONTROLLER」、家庭内の複数のMusicCast対応音響機器の操作や、機器間での音楽コンテンツの配信・共有・リンク再生などができる無料の専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」をはじめ、多彩なユーティリティ機能を装備する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング