山田涼介「作品に貢献できるような役者に」 共演した浅野忠信から「もっと映画に出たほうが…」

2016.5.27 6:1配信
山田涼介と共演した浅野忠信

 「第25回 日本映画批評家大賞授賞式」が26日、東京都内で行われ、新人男優賞を受賞した山田涼介のほか、多部未華子、浅野忠信、伊藤淳史、満島ひかり、藤野涼子、板垣瑞生ら各受賞者が出席した。

 日本映画批評家大賞は、映画界を励ます目的のもと、現役の映画批評家たちが選定する映画賞。映画『グラスホッパー』で心の奥に深い闇を抱える若き殺し屋を演じた山田は、この作品で新人男優賞を受賞した。

 この役で映画デビューを果たしたという山田は「猟奇的な役どころで、自分でも演じたことがないような役。初めての映画でこの役が自分に務まるのか不安があったのですが、今回このような名誉ある賞をいただき、本当に光栄に思っています」と喜びを語った。

 また、今回『岸辺の旅』で主演男優賞を受賞した浅野もこの作品に出演しており、山田は「浅野さんとの決闘シーンが終わった後、血だらけのまま一緒にお風呂に入らせていただいた。その時、浅野さんに『山田くん、もっともっと映画に出たほうがいい。頑張ってほしいよ』と言ってもらえたことが印象に残っている」と撮影中のエピソードを披露。テーブル席に座っている浅野に感謝の微笑みを送った。

 今年公開の映画『暗殺教室―卒業編―』の大ヒットも記憶に新しい山田は、来冬公開の映画『鋼の錬金術師』に主演することも決まっており、トロフィーを片手に「これから出させていただく映画に少しでも貢献できるような役者になれるように精進していきたい」と役者としてのさらなる飛躍を誓っていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング