Tポイントを運営するCCCとAirbnbが提携、日本での民泊市場開拓を支援

2016.5.27 17:27配信
CCCの増田宗昭代表取締役社長 兼 CEOとAirbnbのジョー・ゲビアCPO 兼 共同創設者

共通ポイントサービス「Tポイント」を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と、民泊世界最大手の米Airbnbは5月27日、国内の民泊市場の開拓を狙ってパートナーシップ契約を結んだと発表した。

2008年に創業したAirbnbは、世界中のユニークな空き部屋をインターネットや携帯電話で掲載・検索・予約できるコミュニティ主導型マーケットプレイス。両社は今後、CCCのマーケティング力を活用し、「日本流のホームシェアリング」のあり方を啓発することで、市場拡大を狙う。

CCCは、2016年中に部屋を提供するホストにTポイントを付与するキャンペーンを実施するほか、商業施設「代官山 T-SITE」で店舗全体を使ったプロモーションを展開する。5月27日には、共同制作した「日本流のホームシェアリング」を啓発するための特設サイト「Airbnbホストナビ」も開設した。

両社が特に注目しているのが訪日外国人客(インバウンド)による利用だ。増田社長は、「(日本政府観光局調べで)日本の外国人客数は世界で22位、アジアでは7位に止まっている。それでも2015年の訪日外国人客数は約1973万人に達し、20年には4000万人を突破する見込み」と説明し、宿泊施設が乏しい地域を中心に登録物件数を増やし、外国人ユーザーの利用を促す計画だ。

また、CCCが全国2670人に対して5月に実施したアンケート調査によれば、Airbnbの認知度は15.9%、利用率は1.6%に止まったが、利用者の満足度が高かったことを上げ、「まだ十分に理解されていないが、ビジネスチャンスを感じる」と話した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング