帰宅してからも怖い! 石原さとみが語る主演映画『貞子3D』

2012.5.10 10:46配信
『貞子3D』

人気のホラーシリーズを3Dで描く新作映画『貞子3D』が12日(土)から全国公開される前に、本作で主演を務めた石原さとみがインタビューに応じた。

その他の写真

『貞子3D』は、シリーズの生みの親である鈴木光司氏が書き下ろした新作小説が原作。ネット上に拡散する“見たものはすべて死ぬ動画”の謎を追う高校教師・茜を主人公に、長い眠りから目覚めた貞子の恐怖を3D映像で描きだす。石原が主人公の高校教師・茜を、瀬戸康史が茜の恋人でウェブデザイナーの孝則を、山本裕典が貞子復活のカギを握る謎の男・柏田を演じる。

「ホラーは深夜にDVDで観たりします。『わー!怖い!』と言いながら楽しめるタイプ」という石原が本作で演じたのは、教え子が謎の死を遂げ、その秘密を追う教師・茜。復活を願う貞子の恐怖に怯えながら、同時に自身の“過去”に悩み、時に愛する者を守るために立ち向かっていく女性だ。石原は「茜は暗い過去のことで悩んでいるし、今の幸福を壊したくないという気持ちも持っている。単に怖がるだけじゃなくて、感情面がしっかりと表現されている役」と分析すると同時に「CGも多いし、エンターテインメントではあるんだけど、全体のトーンは決して派手ではなくて、“日常”の中で、観ている人の隣の学校で起きていてもおかしくないことなので、映画を観て家に帰ってからふと、怖くなってもらえるかもしれない」という。

ちなみに時に貞子に追いつめられ、時に貞子に立ち向かう役どころだけに撮影ではアクションシーンも多かったそうだ。「撮影はとにかく大変でした。どれだけサポーターをしたことか(笑)。ワイヤーでつられたり、飛ばされたり、投げ飛ばされたり……ケガが絶えずで(笑)。でも、アクションは楽しかったですし、大変だった分、いい画がしっかりと撮れた気がします」。

大ヒット作『リング』以来、貞子は日本だけでなく世界中のホラー映画ファンから愛される“アイコン”として親しまれているが、本作ではついにその貞子が3Dになり、テレビだけではなくスマートフォンや街頭ビジョンなど、ありとあらゆるモニタから飛び出すという。「まず、映画を観る前に貞子が3Dで飛び出してくる場面を想像してほしいですよね。それから映画を観終わった後も携帯電話や街頭ビジョンから貞子が飛び出す場面を想像してもらえると思います。暮らしていてモニタを見ない日はないですから」。映画を観る前も、上映中も、そして帰宅してからも恐怖を感じさせる『貞子3D』とは一体、どんな映画なのか? 間もなく日本の観客がその“恐怖”を味わうことになる。

『貞子3D』
5月12日(土) 角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング