山崎賢人、ドSキャラ返上!?

2016.5.28 18:54配信
山崎賢人

人気少女コミックを映画化した『オオカミ少女と黒王子』の初日舞台あいさつが5月28日に、都内で行われ、二階堂ふみ、山崎賢人、鈴木伸之、門脇麦、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒、廣木隆一監督が登壇。映画の内容にちなみ、登壇者は自身の“ドS”エピソードを披露した。

舞台あいさつその他の写真

八田鮎子の同名人気コミックを原作に、見栄っ張りで架空のカレシ話を語る“オオカミ少女”のエリカ(二階堂)と、腹黒でドSな“黒王子”恭也(山崎)がウソから始まる恋愛を繰り広げるラブ・ストーリー。コミック原作の恋愛作品に初めて出演した二階堂は、「キュンキュンする映画は初めてで、楽しかった。山崎君は本人と役柄が全然違うから、難しかったと思うが、真摯に役に向き合い素晴らしいと思った」と作品に対する思いと、共演者への感謝を語った。

自身のドSぶりについては「自分に対してすごくSで、運動でもダイエットでも限界を超えたくなっちゃう。要はドMでどちらも共存している」。一方、山崎は「待ち合わせにわざと遅れて、ニヤニヤしながら、友人の反応を見るのが面白い」とユニークなS気質をのぞかせた。

また、姉を演じる菜々緒が山崎をビンタするシーンに話題が及ぶと、菜々緒は「お芝居では初めてのビンタ。役者さんの顔にビンタするのは、気が引けるので、まずはマネージャーで練習した」とイメージ通りのドSぶり。本番では撮影の関係で、山崎を2度ビンタしたそうで「ゴメンね」と平謝りだった。当の山崎は「イタ気持ち良かったです。僕も芝居でビンタされるのが初めてでしたが、菜々緒さんで良かった」と自身が演じたドSキャラを返上し、まんざらでもない様子だった。

『オオカミ少女と黒王子』
公開中

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング