彼氏とのケンカを減らすために、今すぐ改善できること4つ

2016.5.31 17:00

大好きな彼とカップルになれたはずなのに、気づけばケンカばかり。ケンカばかりの毎日が普通になってしまったら、悲しいですよね。カップルの対立は今も昔も変わらぬ万国共通の悩みの種ですが、できるだけケンカを減らすために、今すぐできることを探ってみましょう。

MIMIYAKO85_tewonigiriauhutari20140725_TP_V

隣にいるときにLINEで会話してみる

もし彼に不満やお願い事があって、それをどうしても伝えないといけない時。

会ってみて、どういう話し方をしても、うまくいかないんじゃないかな、と思うことはありませんでしょうか。そんな時には、日頃会えない時に連絡を取る手段として使っている「LINE」が有効です。

離れている時に使うイメージのあるLINEですが、隣にいるあなたからメッセージが送られてきたら、つい彼は微笑んでしまいます。かわいいスタンプを使ってもいいかもしれません。それによって「今から言うことで、あなたを攻撃するわけではない。」「お願いしたいだけ、平和に話し合いたいだけ」という気持ちが伝わり話し始めやすくなります。

また、彼は、あなたがなんだか新鮮で可愛く感じて、女性が言ったことも、聞き入れやすくなってくれるのです。

「スネる」が通用するのは付き合う前まで! 意見ははっきりと伝える

彼と仲違いしてしまうと、思いを伝えたいけれど最初からバシバシいうのは恥ずかしくて(もしくは嫌で)つい拗ねてしまうのは女性の常ですが、この行動、男性からすれば、はっきり言って意味不明だそうです。

付き合う前に、恋愛の駆け引きとしてこの行動を使えば、男性は「女性が何を考えているか」とやきもきして気になり、両想いへと発展していく・・・という漫画でもよくあるオーソドックスな展開になっていきますが、もうすでにあなたは両想いです。状況は違います。

もともと男性は「問題解決型」なので、女性特有の「共感されたい」がゆえに起こる「スネる」という行動は、問題解決の妨げになり、イライラしてしまうだけ。思うことがあれば、はっきり伝えてみましょう。ケンカが起こりそうになっても、最短時間で解決できます。

言いたいことがあるときは、ボディタッチをしっかりしながら伝える

ケンカが勃発する前は、つい強がって、彼とは少し離れて話してしまいがち。

でも、そうすれば、心理的にますます心の距離が広がってしまい、ケンカが起こりやすくなってしまいます。ケンカが起こりそうな時にこそ、ボディタッチは有効です。

ケンカをせずに話すなら、レストランで向かい合わせより、バーで隣同士が有効です。バーで隣同士より、お家デートで話す方が賢明です。彼と手をつなぎながら、ハグをしながら、言いたいことを真っ直ぐに伝えてみましょう。

彼の目をしっかり見ると、なお良いです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント