ニコニコと愛想よく接してくれる顔しか知らなかったけど、ふと目にしたのはゾッとするような恐ろしい姿だった……。

男性が引いてしまうのは、女性のそのネガティブなギャップです。「こんな裏の顔があったのか」と思うと、そちらばかり印象に残ってしまいます。

男性たちが恐怖・軽蔑した「女の裏の顔」には、どんなものがあるのでしょうか。

男性たちが恐怖・軽蔑した「女の裏の顔」5選!

1.笑顔の陰では悪口ざんまい!?

「ほかの社員がいるときはニコニコ話すのに、女性同士で集まったら途端にその人の悪口を言い出すのを見て、だから女性の笑顔は信用できないと思いました」(26歳/金融)

会社ではあるあるな光景かもしれませんが、当人の前では愛想よく振る舞うけど陰では悪口ざんまいの女性って、『自分にも笑顔を向けてくれるけど、裏で何を言われているのかわからない」と男性は感じます。

当然、近寄られても警戒するし、本音で話そうとは思わないですよね。

社内で女性たちが集まっている様子を見ると、「また誰かの悪口かな?」とこちらの男性は考えてしまうそうです。

2.楽しいフリをして終わればディスる

「みんなであるイベントに行って、そのときは楽しそうに見えたのに、終わったあとSNSで『つまらなかった』とディスり放題の知人。

アカウントを知られていないと思っているだろうけど、その変わりようが本当に怖い」(33歳/公務員)

これぞ「裏の顔」と呼べるもの。匿名なら自分だとバレないだろうと思っても、どこで特定されるかは本当にわかりません。

気づいていないのは本人ばかり、嫌なことをつぶやいているのが本当の姿なのだろうな、と人は思います。

裏で自分たちの悪口を発信されているなんて、決していい気はしませんよね。

3.特定の人の前だけぶりっこ

「周りで有名な人が来たときは思いっきり猫かぶってチヤホヤされている女性。その人がいないとき、ノリで近づいてきた男性にはすごい塩対応をするギャップが怖い」(30歳/サービス)

有名な人の前ではぶりっこするけどそれ以外の男性は鼻にもかけない姿って、塩対応する顔のほうが本物だと男性は思います。

こちらの男性は、みんなにかわいがられる女性を見ていいなと思ったのに、いざ自分が近づいたらそっけない態度を取られて「あの人に気に入られたいだけなんだ」と気がついてがっかりしたそう。

そのギャップが、「二度と話しかけるもんか」と敬遠することにつながります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます