【EPIK HIGH】韓国のHIP HOPレジェンドの果てしなき野望とは!?【大爆笑インタビュー】

韓国のHIP HOP“レジェンド”、EPIK HIGHが6月8日にリパッケージベストアルバムをリリース! 小粋なオトナの爆笑インタビューをお届け!!

EPIK HIGHの『韓流ぴあ』取材の様子

韓国音楽シーンに風通しのいい雰囲気を作り出している3人組のHIP HOPグループ、EPIK HIGH。ファンにも、仲間にも、後輩にも、おそらくEPIK HIGHのことをまだよく知らないというあなたにも。誰に対しても、フラットで気さくでオープンマインドな彼らは、結成16年になるベテランでありながら、そんな素振りをまったく見せない、レジェンドらしからぬレジェンドたち。

そんな彼らの独特のトークのノリとテンポ、胸に突き刺さる繊細で知的なリリックと研ぎ澄まされたサウンド、そしてフロアに強力な一体感と高揚感、爽快感が生まれるライブにハマる人が、日本でも増加中!

2011年よりYG ENTERTAINMENTに所属する彼らは、年々日本活動も活発になっている。今年は4月29日の名古屋公演を皮切りに、1か月間にわたる7都市9公演を回る3度目の日本ツアー「EPIK HIGH JAPAN TOUR 2016」を開催。

「韓流ぴあ」は、ツアー真っ只中のEPIK HIGHに直撃! 6月8日(水)にリリースされるリパッケージベストアルバム『THE BEST OF EPIK HIGH ~SHOW MUST GO ON & ON~』や、とにかくわんさか出てくる今後の日本での目標について、たっぷり話を聞いた。

ファンのスローガンを目に
「HIGHGRNDはすごく愛されているんだな」!? 

――現在ツアーの半分を終えてみての感想は?

TABLO(タブロ)「公演をするたびに楽しさも熱気も増して、日本でもそんな風に熱狂的に迎えてもらえる状況がいまだに信じられません」

――横浜公演では、ファンの方々がTABLOさんの娘ハルさんの誕生日をサプライズでお祝いしてくれそうですね。

TABLO「泣く寸前でした。今年はハルの誕生日にもこどもの日にも一緒にいてあげられず、日本ツアーの前にはカルフォルニアで開催されたコーチェラ・フェスティバル出演のために、2週間ほど家を留守にしていて申し訳なく思っていたから、あの日サプライズを見て、感謝の気持ちでいっぱいになりました」

――EPIK HIGHのファンの皆さんらしい、遊び心と愛にあふれた企画ですね。

TABLO「そうなんですよ。来るたびにしてくれるんです」

MITHRA(ミスラ)「昨年は僕の誕生日を祝うイベントをしてくれました」

TABLO「ちょっとTUKUTZの誕生日も気にしていただけたら……」

DJ TUKUTZ(ディージェートゥーカッツ)「掲げられたスローガンには『HARUGRND』って書かれていたんだけど、最初よく見えなくて『HIGHGRND』と勘違いして」

TABLO「えっ、そうだったの?」

DJ TUKUTZ「『あぁ、HIGHGRNDがすごく愛されているんだなぁ』と思いました。スミマセン(笑)」

いま人気の動画

     

人気記事ランキング