制作費は約165万円!「ズートピア」ニックの巨大レゴ・スタチューが完成、公開直後に悲劇が襲う

2016.6.2 20:50

ディズニー映画「ズートピア」に登場するキャラクター、キツネのニック・ワイルドを再現したLEGO作品が完成!お披露目から1時間後に悲劇が……!

ズートピア06 公開直前とみられるLEGOニック 網貿(微博)より

大ヒットを記録しているディズニー映画「ズートピア」に登場するキャラクター、キツネのニック・ワイルドを再現したLEGO作品が、中国・寧波市にあるショッピングモールで開催された「LEGO EXPO」にて公開されました。

中国人ビルダー・趙(Zaho)さんが作りあげたもので、使用されたブロックの数はおよそ1万ピース。制作費は10万元(約165万円)ほどかかっているそう。正確な大きさは不明ですが、その大きさは人間サイズ(ヒューマンスケール)といったところ。

ズートピア05 LEGOニックの制作風景 網貿(微博)より

三日三晩を不眠不休で費やして完成させたというだけあって、その出来栄えは見事なもの。

そんなニックのレゴ・スタチューですが、公開からわずか1時間ほどで無残な姿へと変わり果ててしまったようです。

ズートピア01 バラバラになってしまったLEGOニック 網貿(微博)より

どうやら展示を見ていた子供がロープをくぐってニックに近づき、うっかり破壊してしまったそうです。

ネット上にアップされている事故直後の現場写真を見ると、ニックのレゴ・スタチューを押し倒してしまったような感じですね。

この事件について、作者・趙(Zhao)さんは従業員たちの管理がずさんだったことが原因であるとして、子供の両親から申し出があった賠償の受け取りを拒否し、親子の謝罪を受け入れたと海外メディア「網易」などが伝えています。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント