PFU、アルバムスキャナ「omoidori」、iPhoneを使ってアルバムの写真をデジタル化

2016.6.2 16:52配信
iPhone用のアルバムスキャナ「omoidori」

PFUは6月1日、アルバムに貼ってある写真を反射なく撮影し、きれいにデジタル化できるiPhone用のアルバムスキャナ「omoidori(おもいどり) PD-AS01」を6月下旬に発売すると発表し、受注を開始した。

発表会で、PFUの宮本研一取締役執行役員専務プロダクトビジネス担当ドキュメントイメージビジネスユニット長は「世界にたった1冊しかない大切なアルバムを、もっと身近に残したくてomoidoriは生まれた」と説明。製品化までに約10年を要した開発秘話を披露し、「アルバムの写真をそのまま、簡単にきれいに残せる」とアピールした。

omoidoriは、iPhoneを取り付けた本体をアルバムの上に設置して使う。左右からLEDフラッシュを交互に当てて1枚ずつ撮影し、反射している部分を除いて1枚の写真に合成する。外部からの光が入らない構造を採用し、効果的な反射の抑制に成功したという。

読み取り範囲はL判だが、専用アプリを使えば最大2L判までスキャン可能で、サイズの大きい集合写真は、半分ずつ撮影して合成できる。写真のサイズに合わせた「自動トリミング」や「顔向き補正」「赤目補正」のほか、写真に印字された日付を認識し、時系列順に整理することもできる。また、アプリからオンラインで簡単にフォトブックやプリントを注文したり、メールやSNS、クラウドサービスを利用したりできる。

対応機種は、iPhone 6s/6/SE/5s/5。ただし、「6」と「6s」以外は付属のアタッチメントを使う必要がある。折り畳んだ際のサイズは幅112×高さ152×奥行き32mmで、重さは電源の単4電池2本電池込みで310g。

直販サイトの「PFU DIRECT」と一部の販売店・オンラインショップで販売する。価格はオープンで、直販価格は税込1万2800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング