サンワサプライ、残量をデジタル表示するモバイルバッテリー2機種

2016.6.6 12:16配信
「BTL-RDC10BK」(左)と「BTL-RDC9BK」

サンワサプライは、電池残量を1%刻みでデジタル表示できるモバイルバッテリー「BTL-RDC10BK」「BTL-RDC9BK」を発売した。価格はどちらもオープン。

「BTL-RDC10BK」「BTL-RDC9BK」ともに、内蔵バッテリーの残量を1%刻みでデジタル表示する機能を備えており、あと何回給電可能かがわかる。5V/2.1A出力に対応しているので、iPadなどタブレット端末も充電できる。

内蔵バッテリーには、日本メーカー製の高品質リチウムイオン電池を採用するとともに、本体と内蔵バッテリーを異常発熱から保護する過熱保護機能を搭載する。

「BTL-RDC10BK」は、バッテリー容量が1万3000mAhで、複数のUSB機器の充電も可能。また、本体にはアウトドアや非常時の懐中電灯として使えるLEDライトを備える。サイズは幅72×高さ120×奥行き21mmで、重さは300g。オンラインショップのサンワダイレクトでの税込価格は5880円。

「BTL-RDC9BK」は、バッテリー容量が5200mAhで、クレジットカードサイズなので気軽に持ち運べる。サイズは幅72×高さ55×奥行き21mmで、重さは130g。サンワダイレクトでの税込価格は4780円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング