メイプル超合金、六本木の“酪農”イベントに登場 カズレーザー「昔からの夢がかないました!」

2016.6.6 15:42配信
安藤なつ(左)とカズレーザー

 一般社団法人・中央酪農会議主催「六本木牧場」PRイベントが5日、東京都内の六本木ヒルズアリーナで行われ、ゲストとしてお笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつとカズレーザーが出席した。

 「六本木牧場」は、「酪農を知るほど、牛乳がおいしい」というテーマで展開する家族向けの体験型イベント。毎年、「牛乳月間」の6月に実施しており、今年で3回目を迎えた。

 多くの家族連れや女性ファンで盛り上がったこの日の「六本木牧場」。イベントオリジナルドリンク「メイプル“調合”金ミルク」を、メイプル超合金の2人が来場したファンに無料配布するサービスが実施されたほか、「焼きおにぎりミルクリゾット」や、全国の牧場から集めた「ご当地アイスクリーム」も販売され、人気を集めた。

 特に子どもたちが喜んだのは、容器に入れて振るだけで完成する「手作りバター教室」と「ふかふか牧草ベッドで遊ぼう」コーナー。来場者の投票によって決定する「男前酪農家コンテスト」では、福島県の清水大翼さん(28歳)がグランプリに輝いた。

 メイプル超合金は、おなじみの赤と紫の衣装で登場。今回の起用の感想を問われたカズレーザーが「このイベントに照準を合わせて生きてきました。昔からの夢がかないました。感無量です」と喜ぶと、すかさず安藤が「まだ3年目のイベントだから!」と突っ込んで笑いを誘った。

 その後、安藤が“牛のコスプレ”姿に着替えて再登場すると、2人で“牛乳”にまつわるトークを展開。カズレーザーが「僕の家は教育方針でジュース禁止。常に牛乳だった」と振り返れば、母方の実家が酪農をやっていたという安藤も「小学校の低学年の時に牛の出産に立ち会ったことがある。子牛に綱を引っ掛けてみんなで引っ張るんですよ。その時に生命の神秘を感じました。感動的でした」と思い出を披露した。

 このほか2人は「酪農体験ワークショップ」コーナーで、乳牛の模型を使った「乳搾り体験」も行った。安藤が「思ったよりも力がいるんですね」と驚くと、カズレーザーも「初めてやりました。実際の牛も触ったことがないので本物でもやってみたい。今、金あるんで牛飼いま~す。ワンルームなんで大家がなんて言うか分かりませんが…」といつものように調子良く語っていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング