ハリウッドザコシショウ「家では“ばか暗い”」 ハイテンション維持の秘訣はオンオフの切り替え

2016.6.7 15:37配信
(左から)今野杏南、ハリウッドザコシショウ

 映画『アウトバーン』の公開直前イベントが7日、東京都内で行われ、「R-1ぐらんぷり」王者のハリウッドザコシショウとタレントの今野杏南が出席した。

 本作は、愛する恋人の命を救うため、速度無制限の高速道路“アウトバーン”を高級車で爆走するカーアクションを中心に描く。

 映画イベント初登場となるハリウッドザコシショウは「映画はスーパー好きなので、ばかくそうれしい。僕の芸風に合った映画だと思います。爽快で明快なカーアクションを見てほしい」とアピールした。

 また、誇張し過ぎた物まねを披露して会場を微妙な空気にするも、「良かったんじゃないですかね。ネタも受けるところもあり、滑るところもありでいいと思います」と概ね満足した様子。

 今野も「たくさんの方に来ていただいて緊張していたけど、ネタを見せてもらって緊張がほぐれました。ありがとうございます」と感謝を述べてフォローした。

 アウトバーンにちなんでハイテンションで駆け抜ける芸風を保つ秘訣(ひけつ)を問われたハリウッドザコシショウは「オンオフを切り替えるのがテンションを守る秘訣。テンションが高い時と低い時のオンオフをしっかりしています。ずっとこんなのだったらもちませんから」と答え、「家じゃ“ばか暗い”ですよ」と明かして笑わせた。

 劇中で描かれる純愛についても共感を示し、「今は幸せですけど、昔はやべー恋愛をしていました。すげー振り回されちゃって、お笑いにも身が入らない時もありました」としみじみ振り返った。

 ファンキー加藤のW不倫など芸能界での不倫騒動の話題が絶えないことについては「とにかく明るい安村もとにかく暗い安村になりましたからね。不倫は本当やべーでしょ。私は潔白です!」と激しく主張した。

 映画は6月10日からTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング