多面的な活動で音楽の歓びを伝えるヴァイオリニスト

2016.6.8 17:00配信
樫本大進 樫本大進

ベルリン・フィルのコンサート・マスターとして、今期で任期終了となるサイモン・ラトルとともにベートーヴェン・ツィクルスを完走した樫本大進。2016年は「大進イヤー」と呼びたいほど、多忙を極める彼にとって更に活動的な1年となる。自らが音楽監督として2007年にスタートさせた赤穂・姫路での「ル・ポン音楽祭」は今年で10年目を迎え、これを記念して赤穂での公演を終えたのちにサントリー・ホールでも音楽祭とほぼ同じ内容のコンサートが行われる。

樫本大進 コンサート情報

「15年前にエリック・ル・サージュの故郷で行われているプロヴァンス音楽祭に招かれたのが、この音楽祭を立ち上げようと思ったきっかけです。ル・サージュとポール・メイエとエマニュエル・パユが音楽監督を務めていて、トップのアーティストたちがノーギャラで集まっているフェスティバルなんですが、温かくてフレッシュで…こういうのを日本でもできたらなぁと思って、故郷の赤穂市の市長さんに話を持って行きました。ル・ポンは「架け橋」という意味なんですが、最初はドイツ語で考えたんです。でも語感が今ひとつで…フランス語にしたらピッタリとはまった。赤穂は人口5万人の小さな町ですが、その名前をヨーロッパにもアメリカにも繋げられるというのは嬉しいことです。お客さんも、最初は地元の方たちがメインでしたが、今では日本全国からも海外からも来てくださるようになりました」

11~12月にはパーヴォ・ヤルヴィ率いるドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団の来日公演にゲストとして参加し、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を演奏する。「今年は運命的な年で、ベートーヴェンのソナタ全集をリリースして、ベルリン・フィルでもベートーヴェン・ツィクルスをやり、ドイツ・カンマーでもベートーヴェンをやります。きっかけは、パリ管弦楽団で来日していたパーヴォさんに、バーで飲もうと誘われたことで、そこで共演が決まってしまった。パーヴォはとても優しくて、面倒見がよくて、みんな巻き込まれてしまうんです。ドイツ・カンマー・フィルは彼が大切にしているオケで、彼らもベートーヴェンの交響曲全集をリリースしている。僕が理想と思っている音楽との向き合い方をしている指揮者ですから、共演できるのはとても嬉しいです」年末まで大進イヤーの勢いは止まらない。

ル・ポン音楽祭10周年記念東京特別公演は10月17日(月)東京・サントリーホールにて。チケットは6月11日(土)より発売。ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団は11月27日(日)横浜みなとみらいホール、12月5日(月)東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアルにて開催。

取材・文:小田島久恵

いま人気の動画

     

人気記事ランキング