スマホアクセサリと格安スマホの専門店「Smart Labo 新宿東口」がオープン

2016.6.8 17:28配信
Smart Labo 新宿東口

スマートフォンアクセサリの専門店「Smart Labo」を運営するティーガイアは、関東での旗艦店として、都心最大規模の「Smart Labo 新宿東口」を6月3日にオープンした。国内では12店舗目、都内では3店舗目の出店となる。

2016年4月25日に閉店した「AppBank Store 新宿」の跡地で、新宿駅東口から徒歩5分、「ビックロ ビックカメラ 新宿東口店」の裏という好立地だ。住所は東京都新宿区新宿3-28-10 ヒューマックスパビリオン新宿東口。売り場面積は1階が180平方メートル、2階が220平方メートルの計400平方メートル。営業時間は10時~21時。

1階はスマートフォンケースやモバイルバッテリ、Bluetooth対応ガジェットなど、約3000点のアイテムを取り扱う。

2階は、MVNO(仮想移動体通信事業者)のSIMカード、SIMロックフリースマートフォンを販売する「Smart Labo Mobile」コーナーを展開。「楽天モバイル」「FREETEL SIM」「OCN モバイル ONE」は、店頭で新規契約やMNPでの即日渡しができる。「mineo」はパッケージのみ販売し、後日、SIMカードが届く形となる。

特に、楽天モバイルには力を注ぎ、専門店よりも広いスペースを確保しているという。また、楽天モバイルとFREETELがセットで扱っているSIMロックフリースマホを販売するほか、ASUSやZTEのAndroidスマホや、Windows 10 Mobileスマホの「NuAns NEO」なども販売する。

「Smart Labo Music」コーナーとして、ファッションをキーワードにセレクトしたヘッドホン、イヤホンもラインアップした。長い壁面に広大な視聴コーナーを用意し、音響だけでなくファッション・コーディネートを楽しむ感覚でオーディオアクセサリを選べる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング