(左から)麻生久美子、野村周平、賀来賢人

 映画『森山中教習所』のプレミア上映試写会が8日、東京都内で行われ、出演者の野村周平、賀来賢人、麻生久美子、光石研、豊島圭介監督、原作者の真造圭伍氏が登場した。

 この映画は、マイペースでテキトーな大学生・清高(野村)と、ポーカーフェースでクールなヤクザの組員・轟木(賀来)の物語。高校の同級生である2人はある日とんでもない再会を果たし、同じ教習所に通うことになる。

 この作品で、教習所の教官役を演じた麻生は「お2人に指導したり怒ったりできて、それが結構気持ちよくて楽しかったです」とニッコリ。また、今回は野村演じる清高に恋心を寄せられる役どころとあり、「お芝居とはいえすごくうれしかったです」と感想を述べつつも「野村さんは猫っぽいというか、かわいらしくて、こういう息子がほしいなと思いました」とあくまで“子ども”扱い。隣で不満げな表情を浮かべる野村を、麻生は「歳も離れてますし」とフォローしたが、野村は「(年齢は)関係ないですよ!」と麻生にラブコールを送り、笑いを誘った。

 豊島監督も、撮影現場で野村と賀来が麻生にメロメロだったというエピソードを披露。「確か、2人が別々のタイミングで走ってきて『麻生さんがヤバい!ヤバい!』って言ってました」と明かせば、野村も「だって麻生さんはヤバいでしょ! 麻生さんがいるだけで、現場の盛り上がりがちょっと違ったじゃないですか」と述懐。麻生が「うそぉ!?」と疑いの目を向けるが、賀来まで「麻生さんが、僕たちのレベルで遊んでくれるんですよ。僕たちに合わせて付き合ってくれるので、それがありがたかったですね」と振り返り、野村も「たまらなかったです」とすっかり魅了された様子だった。

 ここで豊島監督が「いつもあんな感じで、みんなを手玉に取るんですか?」と麻生に直球質問。これには麻生が「手玉に取ってない!」と苦笑いで否定するも、ここ半年ぐらい仕事で麻生と一緒だったという光石は「確かに麻生さん、全スタッフをみんな(手のひらで)コロコロしてました。そういう人ですよ」とニヤリ。最後は麻生も「いいんだか、悪いんだか…。ありがとうございます」とお褒めの言葉を素直に受け入れていた。

 映画は7月9日から新宿バルト9ほか全国ロードショー。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます