又吉直樹「先輩の全部を背負わないといけないんですかね」 千原せいじ「家族がおるねん」

2016.6.10 14:27配信
文学論『夜を乗り越える』を発売した又吉直樹

 「小学館よしもと新書」創刊記念会見が10日、東京都内で行われ、又吉直樹(ピース)、藤田憲右(トータルテンボス)、千原せいじ(千原兄弟)、RG(レイザーラモン)ほかが出席した。

 小学館とよしもとクリエイティブ・エージェンシーが共同で立ち上げた新書レーベル「小学館よしもと新書」が発足。レーベル第1弾として、芥川賞作家の又吉による文学論『夜を乗り越える』が3日に発売されたが、第2弾、第3弾として本を書いた藤田と千原は、自著の売り込みに必死だった。

 せいじは「全冊買うと又吉さんから何かもらえます」と勝手に宣言。又吉は「そんなんないですよ」とあっさり否定したが、せいじは「抱き合わせしてくれよ。そんなん先生の本ばかり売れるやんか」と又吉に圧力を掛け「絶対に売れる保証がほしい」と息巻いた。

 この日は、3人それぞれが自著をアピール。7月3日に高校野球のファンブック『ハンパねぇ!高校野球』を発売する藤田が「高校野球について知っている自分の知識を詰め込みました」と語れば、8月3日にコミュニケーション術を説いた『がさつ力』を発売するせいじも「要は自分で自分のことを見直してみたんです。そしたら本になりました」と紹介した。

 今回、晴れて作家デビューを果たすせいじだが「(又吉)先生がおられるから。俺らは吉本のバーターで声を掛けられただけ」と語り、「先生、俺の本にもサイン書いて。俺のサインを書いても売れへんやんか」と頼みながら、最後は「千冊は書けよ」とすごんで笑わせた。

 終始こんな調子のせいじに、又吉は「むちゃくちゃ魅力的な先輩なんですが、今回のことに関しては、すごく僕にいろいろ要求してくることが大きい。『それ無理です』って言ったら、『家族がおるねん』というめちゃくちゃ重い言葉を楽屋でも言われまして。それがちょっと気になりますね」と苦笑いだった。

 藤田からも「(又吉に)帯を書いてもらうなんて当たり前。『これはある種、純文学だ』ぐらい言ってほしい」と“お墨付き”をねだられ、又吉は「先輩の全部を背負わないといけないんですかね」と困惑していた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング