中川礼二、娘の“鉄道英才教育”に失敗 「一緒に乗ってくれなくなった」

2016.6.10 15:52配信
会見に出席した中川礼二(左)と鈴川絢子

 タカラトミーの鉄道玩具「プラレールアドバンス」シリーズの「アドバンスリンクシステム」お披露目会見が10日、東京都内で開催中の「東京おもちゃショー」内で行われ、中川家の中川礼二、鈴川絢子が出席した。

 レイアウト内の車両の動きが連動(リンク)する「アドバンスリンクシステム」では、一つの車線に複数の車両を走行させることができる。これは発売から57年を迎える「プラレール」史上初のシステムとなる。

 「東京おもちゃショー」ブース内には山手線29駅のジオラマが制作され、礼二は「びっくりしたし、感動しました。あれが再現できるなんて。全部ほしい」と完成度の高さに目を見張り、「芸人をやっていなかったら(車掌に)なりたかった。44歳なので年齢的には管理職ですね」と憧れを語った。

 特注で作った架空の鉄道会社の制服に身を包んだ鈴川は「もうすぐ2歳になる“常陸(ひたち)”という息子がいます。特急の名前から取って、生まれた時から『プラレール』を生活の一部として触れさせています」と“英才教育”ぶりを明かした。

 一方、6歳の娘について礼二は「(興味は)なくなりました」と寂し気につぶやき、「3、4歳ぐらいの時に副都心線が開通したので電車に乗せようと思って。その後も渋い路線ばかり乗せていたら『疲れたー』と言って、それから一緒に乗ってくれなくなりました。スタンプラリーも楽しそうにしていたけど、乗っているとつらそうにしていた」と明かして笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング