SII、NHK「ラジオ英会話」1年分を収録した電子辞書「SR-G6001M-NH2」「SR-G6100NH2」

2011.11.2 10:16配信
「SR-G6001M-NH2」(左)と「SR-G6100NH2」

セイコーインスツルは、2010年4月~2011年3月に放送したNHK「ラジオ英会話」1年分の音声データとテキストデータを収録した電子辞書「SR-G6001M-NH2」「SR-G6100NH2」2モデルを、11月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格はともに3万円前後の見込み。

「SR-G6001M-NH2」は、4.0型ハイコントラストTFT白黒液晶(解像度640×480)を搭載、「SR-G6100NH2」は5.2型ハイコントラストTFT白黒液晶(解像度640×480)を搭載する。

両モデルが収録するNHK「ラジオ英会話」は、ラジオ第2放送で月~金曜の午後に放送されている15分番組。画面に英文テキストを表示しながら、音声を聞いて英会話を学習できる。また、単語を選択してジャンプキーを押せば、単語の意味や使い方を簡単に調べることができる。さらに、気になるフレーズを単語帳に登録して、自分だけのフレーズ集を作成する機能を備える。

『わがまま歩き旅行会話(7か国語)』や『海外でメニューが分かる本(5か国語)』、海外で病気や怪我をしたときなどに、現地の医師や看護師に自分の症状を伝えるための文例を集めた『Dr. PASSPORT(8か国語)』などの海外出張や海外旅行に便利な会話集を収録。本体をPCとUSBケーブルで接続することで、PCから電子辞書のデータを検索できる「PASORAMA」機能を搭載。ウェブページやメール本文中の英単語をコピー&ペーストして検索したり、検索結果の類義語を確認したりしながら、例文などを使って手軽に英文メールを書くことができる。

「SR-G6001M-NH2」は、別売の名刺ソフト「やさしく名刺ファイリング PRO v.11.0」(メディアドライブ)で作成した名刺データを取り込んで、管理・閲覧できる機能を備える。

電源は、「SR-G6001M-NH2」が充電式リチウムイオン電池で、電池寿命は連続表示で約25時間、繰り返し表示で約22時間。充電時間は約3時間。「SR-G6100NH2」は、主電源に充電式リチウムイオン電池、副電源として単4形アルカリ乾電池/ニッケル水素電池×2を使用する。電池寿命は、連続表示で約23時間、繰り返し表示で約20時間。充電時間は約3時間。

サイズは、「SR-G6001M-NH2」が幅116.2×高さ11.0(最薄部)/19.5(最厚部)×奥行き78.2mmで、重さは約154g。「SR-G6100NH2」が幅141.3×高さ14.8(最薄部)/19.7(最厚部)×奥行き104.4mmで、重さは約241g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング