日本発祥のコンビニエンスストアとして、1973年に第1号店を開店し、1978年からフランチャイズ方式で事業を拡大しているファミリーマート。

カラオケ店やドラッグストア、農協といった異業種と提携した一体型店舗のほか、首都圏を中心に出店しているおしゃれな「ファミマ‼」など、さまざまな形態の店舗を展開しているのが特徴です。また、カフェ感覚で利用できるイートインスペースが充実しているところも便利ですよね。

近年では単身世帯が増えていることから、少量の惣菜やおつまみなどの品揃えが豊富に。一人暮らしの若者からサラリーマン、お年寄りまで、幅広い客層から支持されています。

そんなファミマの商品で、日に日にグレードアップしているジャンルのひとつが洋菓子。中でも、男女を問わずファンが多いシュークリームは、リーズナブルな価格でありながらご褒美感も満点のあなどれないスイーツです。

ということで、今回はファミマのシュークリーム4品を食べ比べ。王道のカスタードシューから生地にこだわったクッキーシューまで、思わずリピートしたくなる秀作たちをご紹介します。

1:クリームたっぷり!濃厚カスタードシュー 112円

まずは、もっともスタンダードなカスタードシューから。シュークリームといえば、やっぱり王道のカスタード派という方も多いのではないでしょうか。

薄めの生地の中に、なめらかなカスタードクリームがたっぷり詰まった、まさしく王道のシュークリーム。従来よりもクリームに使用している卵黄量がアップしており、より濃厚な味わいに。バニラビーンズの風味が、カスタードの甘さを引き立てています。

大きすぎず、かといって小さくはないサイズ感が絶妙で、3時のおやつや食後のデザートにぴったり。いろいろ試しても最終的にスタンダードに落ち着く……そんな安定感が魅力と言えます。

2:香ばし生地のクッキーシュー 139円

ベーシックなシュークリームもいいけれど、たまには気分を変えたいときもありますよね。そんなときにおすすめなのが、こちらのクッキーシュー。その名のとおり、生地に最大の特徴があります。

やや厚めのクッキー生地には、全粒粉とローストした小麦粉を使用。生地の香ばしい風味は4品中トップで、ひと口目でクリームに到達しなくても、これはこれでおいしいというお得感あり。表面を覆った甘いコーティングによって、サクッとした食感も楽しめます。

中のクリームは、先述のカスタードシューと同じカスタード。サイズもカスタードシューと同じくらいですが、生地が厚いため、食べ応えはこちらが上。純粋にカスタードクリームを味わうならカスタードシュー、生地とクリームのハーモニーを楽しむならクッキーシューをどうぞ。