5cf9d2d86c3b8b8fda485b01e1714077_s

最近、小学生の便秘が増えているってご存知ですか?

先日、NPO法人 日本トイレ研究所が発表した「排便と生活習慣に関する調査」によると、今、小学生の5人に1人が便秘状態であることがわかったのです。

これは成人女性並みの比率であり、この子供たちが大人になるまで、そして大人になってからも“便秘さん”として悩むことになるのではないかと想像させます。

なぜなら、便秘は「一度なったら、なかなか改善できない慢性的なもの」だからです。

小学生が便秘になる原因は?

便秘の原因は一般的に、食生活や睡眠時間、運動不足などの生活習慣やストレスといったものがあげられます。

そして、小学生に特に言えるのは「学校のトイレでうんちをしたくない」という心理的要因があると思われます。

実際、今回の調査でも、小学生の2人に1人が「学校でうんちをしない」と回答していました。

「友達に知られたくない」

「恥ずかしい」

「からかわれるのが怖い」

高校生の頃から長年便秘に悩まされている筆者にも、その気持ちはよくわかります。

しかも学校のトイレって古かったり汚いことも多いので、なるべく長居したくない場所ですよね。

それでガマンすることが続くと、「うんちしたい」という便意が感じられなくなります。

また、便は水分を失い硬くなって出づらくなっていきます。

まさに悪循環で、どんどん便秘は慢性化していくのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます