いつの間にか引かれてる!? 要注意「非モテLINE」の特徴4選

2016.6.14 6:30

普段何気なく使っている「LINE」が原因で好きな人に引かれてしまっているとしたら…!? 今回は、注意したい「非モテLINE」の特徴をご紹介します。

地球上で日本語を日常的に使っている人の数は、ごく少数です。
でも、インターネット上を飛び交う言語は、英語ではなく、日本語が「ものすごく多い」のだそうです。

つまり日本人はマメにいろんなウェブサイトを作ってみたり、LINEでマメにおしゃべりをしてみたりと、世界の人々の中でも「ネット上でかなり多弁な人種」らしいです。

さて、今回は、その、みんながよく使っているLINEにおいて、それをどんなふうに使ってしまうとモテなくなるのか? についてお届けしたいと思います。
さっそく見ていきましょう!

1:2つ以上に解釈できる「謎のスタンプ」

「かわいいスタンプをたくさん買って使っていましたが、彼氏候補の男子にスタンプを誤解されたみたいで……。女友だちに、その彼に送ったスタンプを見てもらったんですが、2つ以上に解釈できるスタンプだから、誤解されたのでは? と言われました」(22歳・大学生)

まれに2つ以上に解釈可能なスタンプがありますが……ああいうのは使うシーンを選ぶスタンプでしょうね。

2:画面いっぱいの長文

「スマホの画面いっぱいになるくらいの長文を彼氏に何回も送りました。ウザイと言われて恋が終わりました」(27歳・モデル)

たとえば恋が終わりそうなにおいがしたとき、人によっては、切々と長文で相手に訴え掛けることがあると思いますが、そういう長文をLINEでやってはいけないということでしょう。

LINEはおろか、メールもなかった時代は、夜中にラブレターを書いて、翌朝それを読み返して、恥ずかしくなって破り捨てていたものです。

「読み返す」時間を、LINEはあまり与えてくれないので、LINEで長文というのは、避けたほうが無難なのでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント