「私のこと、元カノと比べてるみたい」と、イラっとする瞬間はありませんか?

しかし、あなたも悪気なく彼氏を元彼と比べてしまうことがあるはず。

それは「比べるというより思い出す」といった程度のもので、同じく彼氏も元カノをなんとなく思い出しているだけなのでしょう。

目くじらを立てていても仕方がありません。

でも、それって一体どういう時なの? 今回は、彼氏が悪気なく今カノと元カノを比べてしまう時を紹介します。

彼氏が思わず今カノと元カノを比べてしまう瞬間って?

1: 付き合い始めた頃

付き合い始めはどうしても元カノの面影がちらついてしまうもの。

違う反応や違う話題をするあなたの態度に「ああ違うんだな」と元カノをふっと思い出します。そのとき一瞬表情が変わったりするので気づくことも。

しかし、これは単純な「違い」に対する比較です。そのうち消えてしまうので心配ありません。

2: ファッションの違いを意識したとき

「待ち合わせで彼女を見つけたとき『この子はこういう服を着るんだな』としみじみ思います。

女性のファッションには興味ないけど、明らかに元カノと違うと『へえ』と思う。『元カノはデニムは履かなかったな』とかそういうのです」(Yさん:33歳)

嫌だとか、元カノの方が良かったとかいう意味ではなく、単なる「新しい発見」のようです。

3: 喧嘩したとき

「元カノはすぐ謝ってくれたり、すぐ機嫌が直ったりということが多かったので、『彼女ならどうしただろう』と思うことはあります。

のんびりした女性だったので。まあ、戻りたいとは思いませんが」(Hさん:28歳)

なんにせよ、喧嘩のときにはあまり思い出してほしくないですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます