「恋愛体質」と聞くと、男性にモテることばかり考えたり簡単にお付き合いを始めたり、「軽い女性」のようなネガティブなイメージを持つ人もいるかもしれません。

ですが、本当に恋愛体質を楽しんでいる女性は、実は男性だけでなく同性からもモテる魅力があるもの。

そんな「自分を幸せにする恋愛体質」になるには、どうすればいいのでしょうか。

異性にも同性にもモテモテ!嫌みのない「恋愛体質」になるポイント

1.男性がいる場で前に出過ぎない

たとえば女性も男性もいるところで、自分の話題ばかり持ち出したり、男性の話にはほかの女性より大げさなリアクションをとって気を引こうとしたり。

良く思われたくて自己アピールをするのは決して悪いことではありませんが、いろいろな人がいる場所で前に出すぎると、周りの女性から反感を買うことがあります。

同性からもモテる恋愛体質の女性は、自分のアピールにこだわるより「みんなが楽しめる」盛り上げ方が上手。隣の人にコメントを求めたりほかの女性の意見にもしっかり反応したりと、「この人といると笑顔が増えるな」と思われることで良い印象を持たれます。

自分だけが目立とうとするのではなく、周りの人の気持ちを考えた行動が男性の関心を引き寄せるのですね。また、嫌みのない姿は同性からの信頼も得やすく、会話の場に誘われる機会が増えることも。

2.人によって態度を変えない

男性から気に入られることばかり考える女性は、同性と話すときと男性がいるときで態度が違うことが多く、そんな姿が良く思われない原因のひとつ。

男性の視線だけを気にした振る舞いは、たとえ好感を持たれても、いずれ「男がいるときだけぶりっこしているんだ」とばれるものです。

同性からもモテる恋愛体質の女性は、男性の目を意識しても人によって態度を変えることがありません。女性でも子どもや老人であっても、常に同じ接し方を心がけるため好印象を持たれます。

悪いギャップが自分のイメージを下げるとわかっているので、一貫した姿勢を持つことが男女問わずモテる要因になるのですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます