左上から時計回りに、半熟カステラ(150円)、ひとくちはちみつケーキ(150円)、バナナバウム(120円)、ショコラクグロフ(150円)、キャラメルドーナツ(120円)

無印良品のスイーツといえば、ラインナップの豊富さ、美味しさで多くのファンを持つ人気商品。9月からは新シリーズ「糖質10グラム以下のお菓子」の30アイテムが発売されました!

「きちんと美味しい」をコンセプトに大豆粉などを使ってすべて糖質10g以下で作られています。今回はこのシリーズの「半生菓子」から5品を選んで食べ比べ、おすすめ順にランキングにしてみました。

第5位「キャラメルドーナツ」

120円/糖質8.7g(一袋当たり)/143kcal

キャラメルドーナツ
小麦粉を減らすために、大豆粉などを使っている

このシリーズのドーナツは、プレーン、紅茶、キャラメル、チョコの4種類。今回はキャラメルドーナツをチョイスしてみました。

ダイエット中にドーナツを食べられるのは嬉しいですね

キャラメルのフレーバーが香ばしく、甘さは控えめ。懐かしい感じのドーナツです。若干、大豆粉特有の粉っぽさを感じますが、一般的なドーナツの糖質量(約35g)の1/4程度と考えるとかなり嬉しい存在です。

第4位「ひとくちはちみつケーキ」

150円/糖質7.9g(一袋当たり) /140kcal

ひとくちはちみつケーキ
一口サイズのケーキ5個入り

一口サイズ(5個入り)のスイーツは仕事中などでも食べやすく、罪悪感も少ないですよね。この「ひとくちはちみつケーキ」は名前の通り、袋を開けた瞬間からハチミツ感がすごい!

ひとくちサイズでも満足感が高い!

生地は大豆粉のほかアーモンドパウダーも使われているとのこと。とても風味がよく、しっとりしています。同じタイプでほかに「ひとくちレモンマドレーヌ」もあり。ダイエット仲間とシェアしても楽しそうです。