門脇麦「長谷川博己さんを“尾行”するのは楽しかった」 リリー・フランキーは長谷川のアルバイト時代を明かす

2016.6.14 19:59配信
大学院生を演じた門脇麦

 映画『二重生活』の完成披露試写会が14日、東京都内で行われ、出演者の門脇麦、長谷川博己、菅田将暉、リリー・フランキー、岸善幸監督が出席した。

 小池真理子氏の同名小説を映画化した本作は、大学院の哲学科に通う珠(門脇)が修士論文の題材として“哲学的尾行”を実践することになり、次第に尾行による高揚感と胸騒ぎに溺れていく様子をスリリングに描く心理エンターテインメント。

 劇中で尾行を実践した門脇は「楽しかったです」と晴れやかな笑顔を浮かべた。クランクインから2日間は恋人役の菅田とのシーンで「悶々とした日々で不安もあった」と振り返り、「尾行のシーンは見ているだけで私が特に頑張ることはなかったので楽しかった。長谷川さんと女性がいざこざを起こしているシーンは面白くて面白くて」と笑わせた。

 一方、尾行対象の編集者・石坂を演じた長谷川は「役とはいえ、ずっと尾行されてすごく嫌な気持ちでした」と苦笑しつつ、「尾行されているという気持ちは消さないと芝居ができないのですが、それでもなんとなく嫌なものを感じました。のぞきたいけどそういうものはちょっと隠しておこうという気持ちを満たしてくれる作品になっていると思います」とアピールした。

 また、タイトルにちなんだ共演者の意外な一面について、リリーが「長谷川くんは大学生の時に出版社でアルバイトをしていて、僕の現場に原稿を取りに来ていた。長谷川くんに尾行されていたわけです」と明かした。

 長谷川も「20年前ですね。(玄関を)ピンポンしても居留守を使われるときもありました」と当時を懐かしみ、リリーは「その時は卒業したら映画監督になりたいと言っていたんですけどね」としみじみ語った。

 映画は6月25日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング