東芝、13.3型液晶と地デジチューナーを搭載した「レグザタブレット AT830」

2012.5.14 18:33配信
レグザタブレット AT830/T6F

東芝は、地上デジタルチューナーを搭載した13.3型のタブレット端末「レグザタブレット AT830/T6F(PA830T6FNAS)」を、5月18日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は8万円前後の見込み。

縦横比16:9、解像度1600×900ドットの13.3型ワイドIPS液晶ディスプレイを搭載したタブレット端末。大画面でウェブサイトや動画、写真、電子書籍などを楽しめる。さらに、業界で初めてフルセグとワンセグの両方に対応するテレビチューナーを内蔵し、屋外でも地上デジタル放送を視聴できる。

同時に発表した「レグザタブレット 700/570/500」と同じく、Android 4.0や日本語入力システム「ATOK for Android」、有効約500万画素の背面カメラ、有効約500万画素の前面カメラ、無線LANなどを搭載。「AT830」は、グラフィック処理に強いモバイル用クアッドコアCPUのNVIDIA Tegra 3(動作周波数1.40GHz)、独自の映像処理技術「レゾリューションプラス」や、新たに採用した独自の音響処理技術によって周波数ごとに音量を補正し、聞き取りやすい音を出力する機能を搭載する。また、家庭内ネットワークに接続した液晶テレビ「レグザ」やブルーレイディスクレコーダー「レグザブルーレイ」との連携機能を備え、放送中の番組や録画番組を高画質で再生できる。

記憶容量は64GB。バッテリ駆動時間は、動画再生で約13時間、テレビ視聴で約5.0時間。サイズは幅約343.8×奥行き211.3×高さ9.9mm、重さは約1.00kg。

→「レグザタブレット 700/570/500」の詳細はこちら

いま人気の動画

     

人気記事ランキング