ブリジット・ジョーンズ第3弾が公開!

2016.6.15 10:47配信
『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』 (C))Universal Studios.

アラサ―大人女子“ブリジット・ジョーンズ”の日常を赤裸々に描き、笑いと共感を呼んだシリーズ第3弾『Bridget Jones's Baby(原題)』の邦題が、『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』に決定し、“日記帳”ではなく“iPad”を胸に微笑む場面写真が公開になった。

その他の情報

お酒とタバコが好きで、体重はいつもオーバー気味。体型補正のデカパンツを愛用し、ドジっぷりもハンパなく、自分に甘くて立ち直りがやたらと早いブリジット・ジョーンズが、恋と仕事にあくまで自然体で奮闘する姿を描いた『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ2作から11年。新作では、アラフォーになるもなぜか未だ独身のブリジットに訪れた、新たな男性との出会いと、懐かしい男性との再会。そのふたりの間で揺れ動く恋心が描かれる。

ブリジットがかつて愛したダニエル(ヒュー・グラント)は事故で亡くなり、マーク(コリン・ファース)は別の女性と結婚。出版社勤務、TVリポーターを経てテレビ局の敏腕プロデューサーになった彼女の目の前に、IT企業の社長、ジャック(パトリック・デンプシー)と、既婚者のマークが現れる。

出演は、レニー・ゼルウィガー、コリン・ファースのほかパトリック・デンプシー、ジム・ブロードベント、ジェマ・ジョーンズ、エマ・トンプソン、ダン・メイザー。監督は1作目を手がけたシャロン・マグアイア監督。シリーズ2作を担当したヘレン・フィールディングのほか、エマ・トンプソン、ダン・メイザーが脚本を手がけている。

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』
10月全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング