SIEJA、PS4専用VRシステム「PlayStation VR」を10月13日に発売

2016.6.15 12:23配信
PlayStation VR ヘッドセット

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、PlayStation 4専用のバーチャルリアリティ(VR)システム「PlayStation VR」(CUHJ-16000)を10月13日に発売する。税別価格は4万4980円。6月18日から、ソニーストアなど一部店舗やECサイトで予約を受け付ける。

5.7インチのOLEDディスプレイ(解像度1920×RGB×1080)を搭載したVRヘッドセットを頭部に被ることで、プレイヤーの周りを取り囲む3D空間が出現し、3Dオーディオ技術との連動によって、ゲームの世界に入り込んでいるかのような体験が楽しめる。

VRヘッドセットのサイズは幅187×高さ185×奥行き277mmで、重さは約610g。プロセッサーユニットのサイズは幅143×高さ36×奥行き143mmで、重さは約365g。

発売に合わせて、ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)、ソフトウェアメーカー各社が、専用タイトル/対応タイトル15本を日本国内向けにリリースする。また、PlayStation Storeで、専用タイトル『THE PLAYROOM VR』(SIE WWS)を無料配信する。

10月13日発売予定の主な「PlayStation VR」専用タイトルは、『ヘディング工場(仮称)』(ジェムドロップ/ヘディングアクション)、『サイバーダンガンロンパVR 学級裁判(デモ)』(スパイク・チュンソフト/ハイスピード推理アクション)、『初音ミクVRフューチャーライブ』(セガゲームス/VRライブコンサート)など。

対応タイトルとしては、8月25日に『初音ミク-Project DIVA- X HD』(セガゲームス/リズムアクション)、9月30日に『ファイナルファンタジーXV』(スクウェア・エニックス/RPG)、10月13日には『JOYSOUND VR』(エクシング/VRカラオケ)、『Rez Infinite』(Enhance Games/共感覚シューティング)などがリリース予定。

「PlayStation VR」と「PlayStation Camera」をセットにした「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」(CUHJ-16001)も同時発売する。税別価格は4万9980円で、予約受付開始は6月18日。また、PlayStation 4と接続可能なUSBケーブルをセットにした「PlayStation Moveモーションコントローラー」(CECH-ZCM1JYCECH-ZCM1JY)もあわせて発売する。税別価格は4980円で、予約開始日は未定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング