【ソーシャルゲーム】探検型最終形「拡散性ミリオンアーサー」

2012.5.16 6:00

2000年以降の漫画・アニメ・ゲーム界で支持を拡大してきた要素を凝縮して、ドリランドのような探検型を極限までリッチにした「拡散性ミリオンアーサー」を解剖。

拡散性ミリオンアーサー」というソーシャルゲーム。iPhoneなどで遊べ、Android用にも登場予定。ドラクエ・FFでおなじみのスクウェア・エニックスから発表されていて、開発したのはモバイルゲームなどを作っているマイティークラフト。

ソーシャルゲームにも色々あるけど、ソーシャルゲームの名前を日本で一躍有名にしたのはドリランドのような探検型。「進む」をぽちぽち押して進めていくやつ。ソーシャルゲームと聞いてこれを思い浮かべる人も多いと思います。「ミリオンアーサー」はこのタイプのゲームを極限まで豪華・リッチにしたゲームだと言える。

シナリオにライトノベル作家の鎌池和馬、音楽はアイドルなどにも多数楽曲提供しているヒャダイン。主題歌やムービーが流れ、声優がしゃべる。ゲーム内のカードには50人以上のイラストレーターがアニメ調のキレイなイラストを描く。西暦2000年以降の日本の漫画・アニメ・ゲーム世界で支持を拡大してきた要素がぎゅうぎゅうに詰め込まれたスタッフと仕様だ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング