本仮屋ユイカ「本気で自分は人魚だと…」 「ベストスイマー2016」受賞

2016.6.16 19:42配信
夢はイルカと一緒に泳ぐことと語る本仮屋ユイカ

 水泳をこよなく愛し、水泳の似合う人に与えられる「第17回ベストスイマー2016」表彰式が16日、東京都内で行われ、受賞者でニュースキャスターの村尾信尚氏、本仮屋ユイカほかが出席した。

 水の清らかなイメージが似合うとして受賞した本仮屋は、小さいころにはスイミングスクールに通い、今でもリフレッシュしたいときには泳いでいるという。イルカ型のトロフィーを受け取ると大事そうに抱えてなでるしぐさを見せ、「上手にバタフライで50メートル泳ぐことと、イルカと一緒に泳ぐこと」と夢を語った。

 本仮屋は「水泳は大好きだけど全然上達しなかったので、ここにいるのが夢のよう」と受賞を喜び、「小さいころは陸にいるより水の中にいる方が好きで、本気で自分は人魚なのではないかと思っていました」と幼少期を振り返った。村尾氏は週に一度、1キロ泳ぐことを目標にしているそうで、「今まで「NEWS ZERO』のキャスターを続けてこられたのも水泳のおかげ」と健康のためにも今後の水泳継続を誓った。

 また、乳がんを患い闘病中の小林麻央と日本テレビ系「NEWS ZERO」でかつてコンビを組んだ村尾氏は「驚きました。必ずよくなってほしい、本当に頑張ってくださいという思いです」と気遣い、本仮屋も「私自身が妹と仲がいいので勝手に親近感を覚えて応援していました。一日も早くよくなってほしい」とコメントした。

 村尾氏が最後に麻央に会ったのは市川海老蔵との結婚式で、病気については知らなかったという。「この年になるといろいろな病気の方が身の回りに出てきますが、回復されていく方は生きる希望を本当に強く持っている」とし、「番組に出るときはカメラの後ろに麻央さんがいると思って、(番組の企画で)一緒に植樹した大きく育った木を見に行きましょう」とエールを送っていると明かした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング