ファーウェイ・ジャパン、タブレット端末を2モデル発売

2016.6.17 11:11配信

ファーウェイ・ジャパンは、高精細ディスプレイと、高性能CPU、大容量バッテリを搭載したタブレット端末として7インチモデルの「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro(LTEモデル)」を7月8日、10インチモデルの「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro(Wi-Fiモデル)」を6月24日に発売する。どちらも税抜の実勢価格は2万4980円前後の見込み。

両モデルとも、1920×1200ドットの高精細ディスプレイを採用したほか、独自の画像最適化技術「ClariVu」で豊かで鮮やかな表現を可能にした。また、ブルーライトカット機能や、太陽の下でも見やすいように輝度とコントラストを自動で最適に調整する機能などを搭載した。

処理能力面では、高性能CPU「オクタコアチップセット」により、アプリを同時起動したマルチタスクの状態でもスムーズな操作が実現。その上内蔵する高性能動画再生エンジンはFull-HD 60フレーム/秒なので、なめらかに動画を再生できる。

7インチモデルは、大容量4360mAhリチウムポリマーバッテリを備える。メインカメラの解像度は1300万画素で、インカメラは500万画素。側面指紋センサーを搭載する。カラーはホワイト、ブルー、ゴールドの3色。

10インチモデルは、さらに容量の大きい6660mAhリチウムポリマーバッテリを搭載。1画面に二つのアプリを同時に表示できる「分割画面機能」を備える。横長画面に適した画面レイアウトは、画像やアプリ画面を歪めることなく、分割画面で見られる。両サイドにスピーカーを装備し、ファーウェイ独自のサラウンドシステム(SWS 2.0)の相乗効果で、迫力のある音声を楽しめる。カラーはホワイトとブラックの2色。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング