綾野剛主演『日本で一番悪い奴ら』TVスポット映像

2016.6.17 18:00配信
『日本で一番悪い奴ら』(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

綾野剛主演映画『日本で一番悪い奴ら』のTVスポット映像が公開になった。東京スカパラダイスオーケストラとKen Yokoyamaの主題歌にのせて、綾野演じる主人公・諸星刑事が“悪”の道を突き進んでいく映像だ。

『日本で一番悪い奴ら』TVスポット映像

本作は、“日本警察史上、最大の不祥事”といわれる実際の事件を題材に、綾野演じる北海道警察の刑事・諸星要一が、おとり捜査・拳銃購入・覚せい剤密輸など、あらゆる悪事に手を汚していく様を描くエンターテインメント作品。

このほど公開になった映像は15秒だが、超濃密な内容で、諸星刑事が叫び、跳躍し、上半身は裸でおそらく下半身は何らかの運動をしている。さらに画面に大量の拳銃が登場すると内容はさらにエスカレート。ついには、どこからどう見ても刑事には見えなくなってしまった諸星が「みんなは悪いことしたことないんですか!」と逆ギレする。

完成した映画はすでに高い評価を集めており、本作を手がけた白石和彌監督の前作『凶悪』に主演した山田孝之は「この作品が世に出たとき、気持ちに変化が訪れる人は多いかもしれない。それがその人にとって救いになるかもしれないし、その逆かもしれない。きっと制作に携わった人々にも分からない。でも、自分なりの希望を持って作られたことは分かる。間違いなく、いろんな意味で、問題作」とコメント。山田の語る通り、公開後は各方面で様々な反響を巻き起こすことになりそうだ。

『日本で一番悪い奴ら』
6月25日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング