門脇麦、知人の“尾行”は「したくない」 「自分に見せてくれている面だけで十分」

2016.6.17 21:12配信
早稲田大学でトークショーを行った門脇麦

 映画『二重生活』の公開直前試写会が17日、東京都内の早稲田大学戸山キャンパスで行われ、出演者の門脇麦とコラムニストの辛酸なめ子氏がトークショーを行った。

 本作は、大学院の修士論文に「哲学的尾行」というテーマを選んだ主人公の珠(門脇)が、尾行を通して人生を考え、成長していく物語。

 学生を含む観客約250人に拍手で迎えられた門脇は「同じぐらいの年齢の皆さんに見ていただける機会ということでとても楽しみにしておりました」と笑顔であいさつした。

 劇中で長谷川博己演じる編集者の石坂を尾行するシーンについては「撮影とはいえど、のぞき見している背徳感でハラハラしました。それも長谷川さんみたいなかっこいい男性を…。(石坂が)恋人と言い合っているシーンも面白くて面白くてニヤニヤしちゃって。全部カットされましたけど楽しかったです」と満足げに振り返り、これには辛酸氏も「あのえげつない表情は自然に出ていたものなのですね」と感心しきりだった。

 それでも「この映画をやって思ったのは、知っている人の後はつけたくないなということ。特に彼氏の携帯なんか見ても絶対にいい情報は入っていないじゃないですか」と語った門脇。会場が沸く中「知っている人が、自分に見せてくれている面だけで十分だなと。相手の秘密は知らなくていいと思いました」と複雑な乙女心をのぞかせた。

 本作で描かれる「“女性が主体の尾行”は珍しい」という話題では、「男性主体になると犯罪スレスレになりますよね」と本音を漏らした門脇。男子学生から「尾行とストーカーの違いは何だと思う?」という質問を受けると、「曖昧ですけど、尾行はなんとなく探偵とか刑事とか、私情じゃない目的がありそう。あと今回、珠ちゃんは哲学のための、理由なき尾行なので、対象者を自らの私情で選んでいない。ストーカーは、自分で“この人”って決めてという感じじゃないかな」と分析した。

 また、いわゆる“泣き”の演技について聞かれた門脇は「基本的に台本のト書きはそんなに大事にしていない。その時の気持ちで泣きたくなれば泣けばいいし、別に泣かなくてもいい。どうしても涙がほしいという時は(気持ちを)キュッと(すると)いう感じがあるんです」とジェスチャーを交えて説明。劇中では、2カ所涙を流すシーンがあるが「気付いたら自然に涙があふれていた…という感じ。(二つの涙の)意味は違うけど、演じ分けたつもりはない」と振り返った。

 映画は6月25日から新宿ピカデリーほか全国公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング