稽古場の模様

創立40周年を記念する劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の第57回本公演、ミュージカル・アクション・コメディー『ピースフルタウンへようこそ』の開幕が迫る。初日を4日後に控えた稽古場を訪れると、座長・三宅裕司に小倉久寛をはじめとする劇団員が通し稽古に臨んでいた。

【チケット情報はこちら】

劇団の新たな門出として、三宅らが選んだテーマは“幸福度”。高級住宅街・青金台(あおがねだい)と、寂れた素裸無町(すらむちょう)の対照的な2エリアに暮らす住民たちの交流を通じて、本当の幸福や平和・あるべき人間の姿が語られる。青金台に引っ越してきた、小倉演じる志賀内吹京(しがない・ふきょう)一家は、故郷の素裸無町を再興しようと目論む。三宅扮する青金台の住人にして東京都巷(ちまた)区長・超富裕層(ことみ・ゆうぞう)らは彼らを快く迎え入れるものの、街に重大な秘密を隠していた──。

タイトルの冠に“ミュージカル・アクション・コメディー”を標榜するように、劇中にはこの3要素がバランスよく散りばめられている。平和で治安がよく、オシャレな街としてセレブリティが多く住む青金台の日常は、住民による朗らかなミュージカルナンバーで展開。青金台・素裸無町・行政の三つ巴となる抗争シーンでは、バットや傘を振り回す激しいアクションが繰り広げられた。

真摯なテーマを据えながらも、SETらしいギャグ満載のコメディーは健在。プレイングマネージャーとして演出席とステージ上を行き来する三宅と、彼の盟友といえる小倉が主にその側面を担う。三宅の挑発に乗って小倉がコミカルな一芸を見せると、脇で見学しているキャストやスタッフから大きな笑い声が上がるひと幕もあった。練りあげられた笑いながら、アドリブとも台本ともつかないこの絶妙な掛け合い、ぜひ劇場で楽しんでほしい。

公演は10月11日(金)から27日(日)まで、東京・サンシャイン劇場にて。その後、11月8日(金)・9日(土)に愛知・穂の国とよはし芸術劇場PLAT、11月13日(水)・14日(木)に兵庫・兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールと巡演する。

チケット発売中。なお東京公演のみ、サンシャインシティプリンスホテルの「カフェ&ダイニング シェフズパレット」で行われるハロウィーンスイーツフェアとコラボした“S席スイーツブッフェ付チケット”が販売中。

取材・文:岡山朋代

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます