山本美月“芯の強い役”に「プレッシャー」 貞子に敗れた伽椰子は都内でゴミ拾い

2016.6.18 18:53配信
貞子(右)の万歳を見守る山本美月

 映画『貞子vs伽椰子』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の山本美月、玉城ティナ、佐津川愛美、田中美里、甲本雅裕、安藤政信、白石晃士監督が登壇した。

 本作は、ジャパニーズホラーの2大巨塔である『リング』シリーズの貞子と『呪怨』シリーズの伽椰子がついに共演、対決した“最恐”プロジェクト。

 ヒロイン有里を演じた山本は、公開初日を迎え「やっとこの日が来ました。無事に満席でとてもうれしいです」と感謝のコメント。霊媒師を演じた安藤も「満席ですごく安心しています。(自身が出演した)『セーラー服と機関銃-卒業-』は2週間で打ち切りになるという悲しいことがあったので…。いや、本当にうれしいっす」と本音を漏らして、笑いを誘った。

 また、会場では役作りに関する質問も。山本は「有里という役は監督が当て書きをしてくださったもの。だから“私に近い役なのかな”と思ったら、ヒーローのようにとても芯の強いキャラクターだったので、脚本を頂いた時はすごいプレッシャーでした」と告白。

 司会者から「芯は強くないの?」と突っ込まれた山本は「自分ではそう思ったことはなくて…」と答えながらも「でも、すごくうれしかった。ちゃんと演じられたらいいなと思って(頑張りました)」と笑顔で撮影を振り返った。

 一方、今回の役どころについて聞かれた安藤は「僕はいんちきくさい役だったので、監督も“適当にやっていればいいよ”という感じだった」とマイペースに回答。これには白石監督も「そんなことないよ」と驚いた様子で、甲本も「安藤さん、さっきからちょいちょい冗談がきつい。突っ込みにくい」と苦笑していた。

 このほか「貞子と伽椰子のどちらが勝つと思うか」を予想して投票する“総選恐キャンペーン”の結果発表も行われた。勝者として登壇した貞子は両手をおもむろに上げて万歳。僅差で敗れた伽椰子が、罰ゲームとして都内でゴミ拾いをする様子がスクリーン上に映し出された。山本は「貞子さんに来ていただいて、こんなにシュールな舞台あいさつは初めて。本当は伽椰子さんにもお会いしたかった」と感想を語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング