秋アニメ「うどんの国の金色毛鞠」キービジュアル&第1弾PV公開、中村悠一&古城門志帆のコメント到着!

2016.6.21 10:10

アニメ「うどんの国の金色毛鞠」の最新情報が解禁!主人公・俵 宗太を中村悠一、タヌキが化けた子供・ポコを古城門志帆が演じる

うどんの国の金色毛鞠01 新キービジュアル ©NS,S/UP

今秋放送開始と告知されていたアニメ「うどんの国の金色毛鞠」の最新情報が解禁され、主人公・俵 宗太を中村悠一、タヌキが化けた子供・ポコを古城門志帆が演じると発表されています。

気になる放送スケジュールは2016年10月からスタートとなり、放送局は日本テレビ・西日本放送ほか。公式サイトも更新され、キービジュアルや第1弾PV、スタッフ情報も披露されています。

他キャラクターたちについては担当声優は不明ながらも設定イラストが公開されており、放送開始に向けて随時発表される見込み。

また主演を務めることになった2人から本作に向けてのコメントも発表されており、舞台となる香川県出身の中村悠一は「聞き覚えがあります。そう、私自身の出身県。アニメ化に際し、その景色や雰囲気が本当に香川県のソレであるのか、元地元民として厳しい目を向けたいと思いますので!」と力強いコメント。

古城門志帆からは「原作を読ませて頂いた時に受けた、この作品を印象付ける、ほっこりと心があたたまる雰囲気をアニメでも表現したいです。」と本作に対する意気込みを感じさせるコメントが届いています。

キャストコメント

<中村悠一 コメント>
この度俵宗太役を預かることになりました、中村悠一です。 作品の舞台は香川県。聞き覚えがあります。 そう、私自身の出身県。 アニメ化に際し、その景色や雰囲気が本当に香川県のソレであるのか、元地元民として厳しい目を向けたいと思いますので! そんな本作、楽しみにしていただければと思います。

<古城門志帆 コメント>
原作を読ませて頂いた時に受けた、この作品を印象付ける、ほっこりと心があたたまる雰囲気をアニメでも表現したいです。 ポコは宗太に穏やかな刺激を与える存在なので、相手の心にスッと寄り添ってゆく、そういった自然さを⼤大切にひとつひとつの言葉葉を紡ぎたいと思います。
そしてポコは笑顔の素敵な子なので、表情のひとつひとつを大切に、ポコと宗太の周りがキラキラして見える様に演じたいと思っております。 心をほっこりさせたい皆さん、うどんが大好きな皆さん、アニメ放送を楽しみにしていて下さいね!

「うどんの国の金色毛鞠」スタッフ・キャスト

【イントロダクション】
『うどんの国の金色毛鞠』は通称“うどん県”で有名な香川県を舞台にした作品。父親の死に際し生まれ故郷へ帰った 主⼈人公・俵 宗太(たわら そうた)が人間の子供の姿に化けたタヌキのポコと出会い、ポコや親友の中島、姉、初恋の同級生など周囲の人たちとの生活を通じて成長していく物語。

【STAFF】
原作:『うどんの国の金色毛鞠』篠丸のどか(新潮社 「月刊コミック@バンチ」連載)
監督:宅野誠起
助監督:臼井文明
シリーズ構成:高橋ナツコ
キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤依織子
美術設定:イノセユキエ
美術監督:合六 弘
色彩設計:小野寺笑子
撮影監督:後藤晴香
編集:吉武将人
音響監督:鶴岡陽太
音楽:橋本由香利
アニメーション制作:ライデンフィルム
製作:「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会

【CAST】
俵 宗太:中村悠一
ポコ:古城門志帆

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント