いままでの美容ローラーが物足りなくなる!? 転がすだけでお肉をもみ流す「RFボーテ トルネードRFローラー」

2016.6.21 12:42配信

フェイスだけではなく、ボディケアができる美容ローラーが人気だ。すでに毎日のフェイスケアになくてはならない、欠かせないものになっている人も多いはず。いま使っている美容ローラーでは何だか物足りない、せっかく購入するなら効果がより期待できるものがほしい、と思っている人にお勧めしたいのが、ホームエステ用美顔器で定評のあるヤーマンが5月1日に発売した「RFボーテ トルネードRFローラー」(税抜3万4000円)だ。

美容ローラーは、顔の上を転がすことで表情筋に刺激を与えて顔全体をケアしたり、余分なお肉をもみ流したりできる、最近人気の家庭で手軽に使える美容アイテム。ヤーマンの「トルネードRFローラー」は、ただ肌の上をコロコロ転がすだけではない。「RFボーテシリーズ」ならではの、エステサロンでも使われる深熱ケアのラジオ波(RF)を搭載している唯一(2016年5月末時点)の美容ローラーだ。

業務用機器でも使われている1MHzという高い周波数のラジオ波で、肌の表面だけではなく肌の奥(角質層)からしっかりと温め、トリートメントに最適な状態にする。ラジオ波は肌の水分に反応して温めるので、ケアの際には肌を水やジェルでしっかり湿らせて使おう。また、ボディ用の専用ジェルとして「ボディスムージングゲル」やフェイス用の美容液「オンリーミネラルエクストラセラム」もある。RFの効果をより感じたい人にはお勧めだ。

充実した機能に加え、防水仕様なのでお風呂でも使用できる。ローラーケアは、肌を温めてからケアするとより効果的といわれており、ホットタオルなどで肌を温める人もいる。しかし、ホットタオルを用意するのが面倒、時間がない人にお勧めしたいのが、お風呂でのケアだ。

半身浴をしながらケアをすれば、一度に半身浴とローラーケアができる。もちろん、フェイスだけではなくボディケアにも対応しているので、気になる部分をまとめてケアできるので継続しやすいだろう。しかもお風呂でのケアはゲルなどの化粧品が不要なので、より手軽なケアを求める人はぜひお風呂でケアしてほしい。

●EMSを搭載し気になるお肉にアタック 夏までに何とかしたい二の腕にも

「トルネードRFローラー」は、ラジオ波に加え、電気で筋肉を刺激するEMSも搭載。さらに、ボディ用とフェイス用の二つのモードを用意し、ローラーを気になる部分にフィットさせ、EMSでケアすることで、普段なかなか動かさない筋肉を刺激し、より効率よくアプローチできる。

これからの季節にお勧めしたいのが、二の腕の「振り袖肉」のケア。電車やバスでつり革に掴まった時に思わず気になってしまう部位だ。二の腕の内側は筋肉が付きにくく、通常の運動だけではなかなか引き締めることが難しい。そんな場所こそ「トルネードRFローラー」のEMSの力を借りたい。ケアの仕方は、肘からワキに向かってゆっくり移動させるだけ。気になるところはローラーを止めて、しっかり刺激を与えるのもいい。試しに1週間ほど毎日コロコロしてみたら、二の腕がスッキリしたように感じた。

●もむ、押すだけではなく「つまむ」もできる

一番の特徴は、特許取得の「トルネードローラー」だ。偏芯ローラーによる独特のトルネード回転で、ただ肌の上を転がるだけではなく、お肉をつまんでは離す「つまみ上げケア」ができ、エステティシャンの手技のような「もみ出す」「押し出す」「つまみ上げる」というエステで人気の施術であるドレナージュ効果と心地よい体感が得られる。

つまむ力は、グリップの傾きを変えることで調整できる。肌に対して垂直近くに傾けるとつまむ力が弱くなり、初めて使う人や肌の弱い人にお勧めだ。物足りないと感じたらグリップを寝かしていく、肌に対して水平に近くなるほど、きゅっきゅっと肌をつまむ感じを体感できる。このトルネード形状のローラーによるボディ・フェイスケアは、電源オフ時でも体感できるので、テレビを見ている時など、リラックスしている時にコロコロしたい。

最後に、個人的にお勧めしたいのが、首や肩のケアだ。仕事から一日中PCとにらめっこをしているので、気分転換をしたいときはすぐに「トルネードRFローラー」で簡単にケアできる。

うなじに当て、首から肩にかけてゆっくり動かすとトルネード効果で、きゅっとつまんでくれる上、EMSで筋肉を刺激してくれるので気持ちがいい。もちろん首や肩だけではなく、一日の終わりに足首からひざ裏、太ももにかけてのケアにも最適。自宅で手軽に本格的なケアができる「RFボーテ トルネードRFローラー」を試して見てはいかかでしょうか。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング