富士通、専用デバイスを装着してペットの健康を管理するサービスを開発

2012.5.15 19:43配信
専用デバイスを装着した様子

富士通は、5月14日、イヌに装着して使用する専用の活動測定デバイスを開発したと発表した。デバイスから得られるセンシング情報をもとにペットの健康管理をサポートするクラウドサービスを、2012年下期をめどに提供する。サービスの提供方法や料金などは未定。

携帯電話開発などで培った人間向けのセンシング技術をイヌ向けの活動測定デバイスに応用して、ペットの健康管理をサポートするクラウドサービスとして提供する。

開発したデバイスは、小型・軽量・省電力で、常にイヌに装着したまま24時間の活動状況を記録し続けることができる。デバイスで歩数・震え・温度変化などを測定・記録することで、ペットが日頃どの程度活動しているかを知ることができる。

測定したデータは、デバイス内に一定期間蓄積。デバイス内のデータは、専用アプリケーションとFeliCa通信を使って、スマートフォンやPCで簡単に読み取ることができる。また、読み取ったデータを専用のクラウド上にアップロードし、保存することができる。クラウド上のデータは、飼い主専用のウェブページで閲覧でき、推移グラフでペットの活動変化を把握することができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング