富士フイルム、「FinePix X100」用のワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100」

2012.5.16 12:23配信
WCL-X100

富士フイルムは、コンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」用のワイドコンバージョンレンズ「WCL-X100」を発売する。カラーは、シルバー、ブラックの2色で、シルバーは5月26日、ブラックは6月下旬の発売。価格はオープンで、実勢価格は3万円前後の見込み。

倍率0.8倍で、広角19mm(35mmフィルム換算で28mm相当)で撮影できる。「FinePix X100」のレンズを熟知した設計者による専用設計で、装着してもレンズのF値が変わらず、装着前と遜色のない高画質を実現した。

レンズは、オールガラス製の3群4枚構成を採用。高性能硝材を使用することで、収差を極力抑えている。また、「スーパーEBCコーティング」などの技術によって、高品位な描画性能を発揮する。

コンバージョンレンズ装着時に問題となるディストーション(歪曲収差)や周辺光量低下、倍率色収差は、カメラ内で画像処理を行うことで最適に補正。カメラ内での画像処理には、「X100」のファームウェアをver.1.30以降にアップデートする必要がある。

光学ファインダーと電子ファインダーを切り替える「ハイブリッドビューファインダー」に対応し、光学ファインダーを使った撮影では、四隅に撮影範囲の目安を示す枠を表示。枠は実質撮影範囲の約80%に相当する。電子ビューファインダーでの撮影では、視野率100%で仕上がりイメージを確認しながら撮影できる。

コンバージョンレンズ装着時でも、オートフォーカスのスピードは変わらない。マクロでの最短撮影距離は、コンバージョンレンズ先端から10cm。サイズは直径55×長さ37mmで、重さは約150g。フィルター径は49mm。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング