【漫画】いくつ知ってる?単行本100巻超えの長寿コミック

『こち亀』や『ゴルゴ13』をはじめ、100巻超えの長寿コミックを一挙レポート。いくつ知っているか、ぜひチェックしてみてほしい。

国民の漫画好きでは世界に類を見ない“漫画大国”ニッポン。その凄さを物語る根拠のひとつに、100巻オーバーの長寿漫画が複数タイトル存在していることを挙げてもいいだろう。今回はそれらをできる限り調べてみた。いくつ知っているかチェックしてみてほしい。 

 

まず漫画ファンに100巻超えの漫画って何?と聞いて、最初に出されるであろう2大タイトル『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』と『ゴルゴ13』から。1976年に連載スタートしたこち亀は、現時点でなんと179巻まで刊行中。これは言うまでもなく日本どころか世界最多の記録。このまま行けばあと5年ちょっとで200巻まで到達しそうな勢いである。対するゴルゴも164巻と、これまた恐ろしい単行本数を誇る。連載開始はこち亀よりも8年早いが、刊行ペースの違いからか若干水をあけられた格好だ。なお“史上初の100巻達成”がどちらか気になって調べた(Amazon.com商品ページの発売日を比較)ところ、こち亀は1996年11月、ゴルゴは1996年9月ということなので、この点ではわずかにゴルゴが早かったらしい。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング