黒木瞳、初監督作公開までの苦労を振り返る 木村佳乃「監督としては非常に厳しかった」

2016.6.25 14:42配信
黒木瞳監督

 映画『嫌な女』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の吉田羊、木村佳乃、中村蒼、古川雄大、ラサール石井、黒木瞳監督が登壇した。

 桂望実氏のベストセラー小説を映画化した本作は、堅物弁護士と天才詐欺師という立場も境遇も違う対照的な女性の、人生の交わりを描く。

 弁護士の徹子を演じた吉田は「朝早くからありがとうございます。『映画を初日に見る人に悪い人はいないよ』と亡くなったおばあちゃんが言っていましたが、本当にその通りで、皆さまの顔が天使に見えます」と語り、ほほ笑んだ。

 一方、詐欺師の夏子を演じた木村も「瞳さんの初監督作品に出させていただいて、本当に光栄でした」と感謝しつつ「第一線で活躍されている大先輩の女優である瞳さんなのですが、監督としては非常に厳しかったです。同じ女優でもあるので、今まで男性監督には指摘されたことのないような演技指導も受けたりして、私も大変勉強になりました。また羊さんともすごくバチバチする役柄で、お互い刺激し合いながら“熱い夏”を過ごしました」と振り返った。

 本作が初監督作となった黒木も「本当にありがとうございます。皆さんのごあいさつを聞いているだけで感無量です」とあいさつし、「この原作を頂いたのが5年前。それから何度も諦めようと思ったりもしました。くじけそうにもなりましたし、撮影に入ってからも“帰ろうかな”と思ったことも正直1回だけあります」と告白。

 続けて「ですけど、私の背中を押してくれたのはやはり“イメージを形にしよう”と頑張ってくれたスタッフの支え、そして、現場でキラキラした演技を見せてくださる皆さんのオーラ、そしてこの映画を見た皆さんが“きっと笑顔になってくださるだろう”と信じることでした」と感謝の言葉を口にした。

 最後は、サプライズで観客が一斉に「公開初日、おめでとう~!」と黒木監督とキャストを祝福。これには黒木監督も「私たちが皆さまを元気にさせたいと思っていましたが、今、私たちが皆さまから元気を頂きました。ありがとうございます」と目を潤ませた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング