二階堂ふみ「170センチぐらいになると思っていた」 小泉今日子に「四の字固めをかけられた」

2016.6.25 15:39配信
二階堂ふみ(左)と小泉今日子

 映画『ふきげんな過去』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の小泉今日子、二階堂ふみ、高良健吾、板尾創路、前田司郎監督が出席した。

 本作は、小泉と二階堂が初共演した人間ドラマ。退屈な日々を送っていた女子高生の果子(二階堂)と家族の前に、18年前に亡くなったはずの伯母・未来子(小泉)が現れたことから始まるひと夏の物語。

 二階堂はかねて「憧れ」と語っていた小泉との共演を振り返り「幸せでした。ずっと同じ空間で同じ空気の中で演じてみたい方だと思っていたので、勉強になりましたし、うれしかったです」と満足げにコメント。

 一方、小泉も二階堂の女優としての実力を褒めつつ「この間お会いした時は露出の多いドレスで、ピチピチしていたので触ってしまいました。ご利益がありそうだと思って」とちゃめっ気たっぷりに語った。

 撮影では小泉と二階堂が取っ組み合いをするシーンもあり、リハーサルで小泉が二階堂に四の字固めをかけたエピソードを紹介。二階堂が「それで緊張がなくなったというか…」と振り返ると、小泉は「古い(技)ですけど」と自虐的に突っ込んだが、二階堂は「楽しかったです」とほほ笑んだ。

 また「子供のころ想定していた将来の自分」をテーマに語った際には、二階堂が「身長が170センチぐらいになると思っていた」と告白。「手も大きいし、周りからも『高くなりそうだよね』って言われていて、大丈夫だと思って牛乳もあまり飲まずに夜ふかしをしていたら伸びなかったので、未来は違いました」としたが、「身長はもう無理なので、きれいで美しい人になりたいです」と目標を語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング