綾野剛“不謹慎な問題作”をアピール 「道徳を学ぶためには不道徳なことも学んで」

2016.6.25 15:59配信
主演の綾野剛

 映画『日本で一番悪い奴ら』の初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の綾野剛、YOUNG DAIS、植野行雄(デニス)、木下隆行(TKO)、ピエール瀧、白石和彌監督が登壇した。

 本作は、北海道警察で実際に起き、「日本警察史上最大の不祥事」とされた事件を題材に製作された異色作。

 「正義の味方、悪を絶つ」の信念を持ちながらも、あらゆる悪事に手を染めていく道警の刑事・諸星要一を演じた綾野は、観客に向かって「朝から不謹慎な問題作を選んでいただき大変感謝しております」と冗談めかしてあいさつ。本作の上映後の舞台あいさつはこれが初めてとあり「皆さんの温度を感じられてようやくスタートを切れたなと感謝しております」と語り、満面の笑みを浮かべた。

 敏腕刑事の村井を演じたピエールも「 “前科持ち”が並ぶと壮観ですよね。上演後は目をそらす方が多いですね」とニヤリ。白石監督も「ぶっちゃけトークをするので、マスコミの皆さんはオブラートに包んで書いてください」と要請したかと思えば「あちこちで『見どころはどこですか?』と聞かれたのですが、“シャブ”を打つところです!」と早速、過激なトークを開始。

 綾野も「これを見た後は、カフェとかで感想を話し合うのではなく、しゃぶしゃぶでも食べながら…。多分情報が散漫になって(過激さが)緩和されると思うので」と笑わせた。

 際どい言葉が飛び交ったこの日の舞台あいさつ。それでも綾野は最後に真面目な表情に戻ると「今、良くも悪くも自主規制だとかコンプライアンスだとか、日本がやや潔癖症になっている状況の中で、こういった作品が打ち出せるというのは非常に重要です。僕は少女漫画をベースにした映画も大好きですが、やっぱりそれの対局にある作品があることによって、日本のエンターテインメントシーンもきちんと底上げされると信じています」と力説。

 「道徳を学ぶためには不道徳なことも学ぶ。汚いものにはすぐにふたをして終了ではなくて、それが起きてしまった過程も見詰めることが大事。この作品をどうかつなげていってください」と熱く訴えた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング